市民の皆さんへ 印刷用ページ

最終更新日:
2022年5月13日

令和4年5月13日市長定例記者会見

冒頭コメント

【シズオカ×カンヌウィーク2022について】
まち全体が劇場のような都市を目指す静岡市では、四季折々のイベントや地域特有の伝統文化行事などをパッケージ化することで都市の価値を高め、来るべきアフターコロナに向けて国内外からの誘客を目指す基盤づくりを進めています。4月1日の静岡まつりから始まった「春フェス」の一部として、このゴールデンウィークも「ふじのくに世界演劇祭」「ストレンジシード」「サンバカーニバル」などのイベントが開催されました。
そして、明日、5月14日から29日まで、春フェスを締めくくる 「シズオカ×カンヌウィーク」が開催されます。
2010年から始まったこのイベントは、今年で13回目の開催となり「シズカン」の愛称で市民の皆さんに親しまれる一大イベントに成長しつつあります。
今年のシズカンの見どころは、3週にわたって、それぞれの開催場所の特徴を活かした演出がされることです。
1週目、14日と15日、オープニングアクトとして「アニュアーレ・タカジョー・アート」と銘打って、初めて葵区の鷹匠エリアにシズカンイベントが進出します。「アニュアーレ」とは、イタリア語で「年1回」とか「1年ごとの」という意味で、「年1回のアート・音楽・フードを楽しめるイベントを通じて鷹匠 エリアを盛り上げたい」という主催者の皆さんの熱い想いが込められており、文化庁が進める「若手映画作家育成プロジェクト」の一環として、今後の活躍が期待される10人の若手監督の作品を楽しんでいただけます。
2週目、21、22日には、七間町を舞台にメインイベント「街角の マルシェ・七間町シネマテーク」が開催されます。石畳の通りに、フランス料理・ワイン・スイーツなど様々なジャンルのお店60軒以上が軒を連ね、恒例となっているフレンチカンカンも披露され、 大いにフランスの街角の雰囲気を感じていただけるものと思います。
3週目、28、29日には、清水マリンパークを舞台に「海辺のマルシェ・シミズ野外上映」でフィナーレを迎えます。ワインやチーズ、シズカンだけのオリジナルメニューを扱う飲食店も出店する「海辺のマルシェ」と、夜の港で海風を感じながら大スクリーンでの映画を楽しめる「シミズ野外上映」で、お腹も心も満足していただけるのではないかと思います。
この他、市立図書館でのカンヌ国際映画祭関連映画の上映などのイベントもあります。それぞれの主催者は感染症対策を徹底いたしますので、市民の皆さんも基本的な感染症対策をとったうえで、春フェスのフィナーレと なる「シズオカ×カンヌウィーク」を、ぜひお楽しみください。
「まちは劇場」を公民が一体となって推進するための、イベント主催者に対する奨励事業「まちは劇場TRY’22」へもすでに80を超える団体から申請をいただいています。7月7日の「清水七夕まつり」など夏の風物詩が盛りだくさんの「夏フェス」も、ぜひ楽しみにお待ちください。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

市長公室 広報課 報道広報係

所在地:静岡庁舎新館8階

電話:054-221-1353

ファクス:054-252-2675

お問い合わせフォーム