市民の皆さんへ 印刷用ページ

最終更新日:
2022年6月24日

令和4年6月24日市長定例記者会見

冒頭コメント

【新型コロナウイルス感染状況等について】
感染状況や医療ひっ迫状況等を示す国の評価レベルが、静岡県では低い方から2番目の“レベル1”に、引き下げられ、本市の新規感染者数も5月の4週目から減少に転じております。
引き続き、感染拡大への注意や備えは必要ですが、“いのち”と“くらし”という2つのLifeを守る・取り戻す取組のうち、“くらしを取り戻す”取組に、力を入れていく、舵を切ることができる状況が整いつつあると認識しています。
市内で初めて新型コロナウイルス感染症患者が確認されてから、およそ2年4ヶ月が経ちますが、改めて、これまでの医療関係者の皆さんの多岐にわたるご尽力、市民の皆さんの感染予防やワクチン接種などへのご理解・ご協力に、感謝を申し上げます。
人の流れやまちの賑わいも戻りつつあり、7月7日からの清水七夕まつり、23日の安倍川花火大会、そして、8月5日からの清水みなと祭りと、夏の風物詩も帰ってきます。久しぶりに夏休みらしい夏休みを迎えられそうなことを大変喜ばしく感じております。

【トライアルパーク蒲原のオープンについて】
本日一つ目の話題も、夏休みなどの機会を利用して楽しんでいただける新たなスポットが、清水区蒲原にオープンするというものです。企業版ふるさと納税制度を活用して整備を進めてきた「トライアルパーク蒲原」が、7月2日にいよいよオープンいたします。
このトライアルパークは、将来的な道の駅整備を視野に入れた試みであり、拠点を暫定的にオープンさせる期間を設ける全国で初めての取り組みです。今後3年間を目途に、いかにプレイヤーとして多種多様な市民や企業に参画いただき多くの化学反応を起こせるか、本市のゲートウェイとしていかに来訪者を迎えられるか、そして、迎えた皆さんをいかに蒲原や由比のまち、ひいては静岡全体に周遊させられるか、という3つの視点から、様々な取組を進めてみて、この場所に相応しい機能は何なのかを見極めていきます。机上で検討した機能を詰め込んで、いきなり完成させるのではなく、実際に使う、様々なトライアルを重ねて、よりよいものを作り上げていく、そんな意味も込めて「トライアルパーク蒲原」と名付けています。
まずは、多種多様なプレイヤーに参画いただけるよう地元の企業5社がトライアルパーク蒲原の運営を担うために立ち上げた、「株式会社スルガスマイル」が、参画の意思を示す人・団体をコーディネートしていきます。
キッチンカーの出店やマルシェ、夏祭り、ヨガ教室の開催など、どなたでもプレイヤーとして参画可能で、出店などの申し込みは随時受け付けていますので、ぜひ、多くの皆さんに参画いただきたいと思います。
また、多くの来訪者を迎え周遊していただくための方法として、特に、サイクルツーリズムを活用していきたいと考えております。その第一弾として、自転車に関する様々な事業を全国で展開・成功させてきた「一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパン」と連携し、「サイクルボール-駿河湾ステージ-」を開催します。サイクルボールとは、「淡路島1周」や「佐渡島1周」など、全国に設定されたコースを自転車で走り抜けようというもので、各コースを走り抜くごとに「サイクルボール」が贈呈され、所定の数のサイクルボールを集めると、豪華景品をもらうことができるという自転車ファンに、大変人気のイベントです。
「トライアルパーク蒲原」のオープンを記念して、このサイクルボールの新たなコースとして、7月2日からトライアルパーク蒲原、清水港、駿河湾フェリーを使って土肥港などをチェックポイントとする全長100キロメートルの「駿河湾1周」、通称スルイチコースが設定されますので、ぜひ、多くの自転車ファンの皆さんにチャレンジしていただきたいと思います。今後も、第2弾、第3弾のサイクルツーリズム事業を展開することで、全国から多くの方を迎えたいと考えています。

【道路損傷等通報システムの運用開始について】
道路の穴やガードレールの壊れた箇所の情報を、LINEを通じて簡単に通報していただける「道路損傷等通報システム」の運用を6月27日から開始します。
これまでは、市民の皆さんが道路の穴などを発見した場合、電話などで市へ連絡をいただいておりましたので、通報する市民の皆さんも説明が大変ですし、職員も場所を特定するのに時間がかかるなど、双方に大きな負担がかかっていました。今後は、友だち登録をしていただいた、市のLINE公式アカウントのメニュー画面の「道路損傷等通報窓口」のアイコンをタップし、トーク画面の案内に従い、写真や位置情報を送っていただくだけで、職員も損傷状況などを容易に正確に把握することができるようになり、いっそうのスピーディーな対応が可能となります。
なお、市民の皆さんから通報いただく情報は24時間体制で確認し、土日祝日や夜間でも緊急性や優先度に応じて対応するとともに、その対応状況は市のホームページ上で確認いただけるようにいたします。
道路は、市内全域に広がり、不特定多数の方に利用され、年間の通報件数もおよそ1万2千件あることから、システム導入による効果は高いものと考えております。今後、この「道路損傷等通報システム」の運用状況を見て、対象を道路以外にも広げていくことを検討していきたいと考えております。
市民の皆さんによる正確な情報の提供は、安全・安心で快適な道路空間の確保、ひいては、よりよいまちづくりにつながっていきます。ぜひ、本システムの積極的な活用をお願いいたします。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

市長公室 広報課 報道広報係

所在地:静岡庁舎新館8階

電話:054-221-1353

ファクス:054-252-2675

お問い合わせフォーム