その他の保育サービス 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日
保育園においては通常の保育のほか、18時以降も時間を延長してお子さんを保育する「延長保育」や、保育園に通っていないお子さんを一時お預かりして保育する「一時預かり(一時保育)」を行っている保育園もあります。

延長保育について

■一部の保育園では、18時以降もお子さんをお預かりする「延長保育」を行っています。
■「延長保育」を利用するには、延長保育料がかかります。(公立保育園の場合は18時以降1回200円です。私立保育園は各園にお問い合わせください。)
■「延長保育」を実施している保育園については、各区ごとの「保育園一覧(詳細)」(PDFファイル)をご覧ください。
 

障害のあるお子さんの保育について

■集団保育が可能な中・軽度の心身障害児については、公立の障害児指定保育園を中心に障害児保育を実施しています。
■詳しくは保育課、または各福祉事務所保育児童課入所担当へお問い合わせください。
 

一時預かり(一時保育)について

■保護者の週2~3日の就労や、病気、出産、育児疲れなどの事由により一時的に家庭で保育ができなくなった場合に、保育園で児童をお預かりして必要な保育を行う「一時預かり(一時保育)」を実施しています。
■一時保育の利用料は、公立保育園の場合、3歳未満児1回2,000円、3歳以上児1回1,000円です。(年齢は4月1日時点の年齢です。私立保育園の利用料については、各保育園にお問い合わせください。)
■ご利用の際は、まず「一時預かり(一時保育)」を実施する保育園にお問い合わせ下さい。
■「一時預かり(一時保育)」を実施している保育園については、各区ごとの「保育所一覧(詳細)」(PDFファイル)をご覧ください。
 

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

子ども未来局 幼保支援課 給付係

所在地:清水庁舎9階

電話:054-354-2626

ファクス:054-352-7733

お問い合わせフォーム