たばこによる火災について 印刷用ページ

最終更新日:
2020年9月9日
 たばこ火災関連の統計を分析すると、たばこ火災の約半数が単身世帯において発生しており、また、たばこ火災で発生した死者の約9割が50歳以上で、そのうちの約8割が男性となっています。令和元年の消防統計においては、たばこによる火災が出火原因の1位(3,557件)であり、164名の方がたばこ火災により亡くなっています。静岡市消防局管内でも出火原因の2位となっており、火災原因の大きな要因であることから

以下の点にご注意ください。

・寝たばこは絶対にしないでください。

・カップ麺の容器やペットボトル等の灰皿の代用をせず、蓋付きの灰皿や水を入れた灰皿を使用して、たばこは確実に消火しましょう。

・直接ごみ箱に吸殻を捨てたり、灰皿に吸殻をためないようにしましょう。

・灰皿の吸殻をごみ箱等に捨てる時は、消火できているかチェックしましょう。

・住宅火災警報器の設置及び点検をしてみたり、寝具を防炎品にしてみましょう。

寝たばこ

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

消防局 消防部 予防課 予防係

所在地:駿河区南八幡町10-30

電話:054-280-0190

ファクス:054-280-0182

お問い合わせフォーム