まめ知識(世界の下水道の歴史) 印刷用ページ

最終更新日:
2019年4月1日

 世界で一番古い下水道は、今から約4,000年前にインダス文明の都市、モヘンジョ・ダロで作られたものだとされています。
 この都市では、各戸で使われた水をレンガづくりの下水道に排水し、そこから川へと流していたようです。現在の下水道に近いものが整備されていたといわれています。

モヘンジョ・ダロの下水道写真

 14世紀頃になると、ヨーロッパの都市は人口が過密の状態になり、3~5階のアパート風の建物が軒を連ねて建てられました。

排せつ物の廃棄図

 それぞれの家庭には排せつ用の容器があり、容器に排せつしたし尿は、外の定められた場所に捨てるという決まりがありましたが、人々はその決まりを守らずに、人通りの少ないときを見はからって、窓から下の道路に向かって投げ捨てていました。そのため、通りがかりの通行人が、し尿を頭からかぶることもありました。

 ロンドンやパリの道路は、ゴミと汚水の捨て場のようでした。雨の日などはぬかるみ、想像を絶する臭気が街中に漂っていました。道路には汚物を集める排水溝も作られましたが、すぐにつまって役に立ちません。とりあえず歩行者が歩きやすいように、道路の両端を一段高くして、歩道をつくったそうです。
 このような衛生状態の悪化により、ペストという伝染病が流行しましたが、当時の人々は、伝染病の原因が汚水にあるということに気がつきませんでした。
 やがて、地面に設けた排水溝が役に立たないことから、地下に下水道をつくるようになり、汚水は、ロンドンではテムズ川、パリではセーヌ川へと流れ出るようになりました。
19世紀に入ると水洗トイレが普及し、下水道の普及も拡大していきましたが、汚水をそのまま川に流していたために、市民の飲み水の汚染が進む結果になりました。
 イギリスでは、産業革命の最盛期でありましたが、このような状態のイギリスに、インドからモスクワを経て、コレラという伝染病が入ってきたのです。その伝染病は瞬く間にヨーロッパ全土に広がり、多くの死者が出ました。
 「コレラの伝染経路が、飲み水と捨て水の集中している市中の川にあるらしい」「汚水を下流に流していただけでは何の解決にならない」と考えた人々は、微生物を利用した処理方法を開発し、汚れた水をきれいにしてから川などに流すようになりました。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

上下水道局 下水道部 下水道総務課 総務係

所在地:上下水道局庁舎6階

電話:054-270-9203

ファクス:054-270-9216

お問い合わせフォーム