新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について 印刷用ページ

最終更新日:
2021年1月13日

市民の皆様へ(市長メッセージ)

 市民の皆様には、新型コロナウイルス感染症に対し、長期に渡り細心の注意を払い、感染予防と感染拡大防止に努めていただいておりますことに御礼申し上げます。
 本市では、先般、新型コロナウイルス感染症の集団感染(クラスター)が発生した企業名、施設名、店名等について、原則同意に基づき公表することとし、また、これと併せて、人権擁護の観点から、感染者やその関係者に対する差別、偏見、誹謗中傷を防止する取り組みを進めているところです。
 しかし、残念ながら、勇気と誠意をもって名称の公表に同意した企業等にお勤めの方やその御家族が、単にその企業等の関係者であるというだけで、施設の利用やサービスの提供を拒否されたなどの声が寄せられています。
 いわれのない差別や偏見、誹謗中傷は深刻な人権侵害であり、絶対にあってはならないものです。
 特に新型コロナウイルス感染症に関する偏見等により、必要な受診や、陽性者の正確な行動履歴の申告を妨げることとなり、さらに感染を拡大させてしまうという悪循環を生みます。
 また、新型コロナウイルス感染症に関し、根拠が不確かな情報を広めることは、差別や風評被害につながり、関係のない方を苦しめることを意識しましょう。

 新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染する可能性があるものです。

 このような状況だからこそ、私たち一人ひとりが、思いやりの気持ちを持つことが大切です。感染してしまった方や、感染リスクと隣り合わせで必死に働いている方にエールを送りましょう。
 そして、静岡市で一丸となって、差別と感染拡大の連鎖を断ち切りましょう。
 
静岡市長 田辺 信宏

新型コロナウイルスに関する相談受付窓口

静岡市新型コロナなんでも相談ダイヤル

電話番号:0570-08-0567( 毎日 9:00~20:00 )

※ この電話は「ナビダイヤル」を利用しており、20秒ごとに10円の通話料がかかります。
 
javascript:void(0)

静岡市では、市民の皆さんの不安解消の相談受付窓口として、医療・生活・福祉・経済など、新型コロナウイルスに関するあらゆる相談を受け付ける「静岡市新型コロナなんでも相談ダイヤル」を開設しています。

不当な差別等の人権問題についての相談は、法務省の人権擁護機関(法務局)で受け付けています。

法務省ホームページ(参考)

法務省の人権相談窓口

みんなの人権110番

子どもの人権110番

女性の人権ホットライン

外国語人権相談ダイヤル(Foreign-language Human Rights Hotline)

インターネット人権相談受付窓口

静岡県新型コロナウイルスに係るSTOP!誹謗中傷 youtube

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 健康福祉部 福祉総務課 地域福祉・人権擁護係

所在地:静岡庁舎新館14階

電話:054-221-1366

ファクス:054-221-1091

お問い合わせフォーム