第73期将棋名人戦第4局~徳川家康公顕彰四百年記念事業~実施報告 印刷用ページ

最終更新日:
2019年4月1日
 江戸時代、駿府の大御所として権勢を振るっていた徳川家康公。将棋をこよなく愛した武将としても知られている家康公は、当時、実力のあった将棋指し達を駿府城などに呼び、御前において対局させていました。

 西暦1612年、家康公は、第一人者となった「大橋 宗桂(おおはし そうけい)」に、「五十石五人扶持」という俸禄を与えました。これにより宗桂は「一世名人」の称号を得ることとなりました。これが、将棋名人制度の発祥となったのです。

 「家康公四百年祭」の一環として、薨去400年を迎える平成27年に、家康公とゆかりの深い『将棋名人戦』『囲碁本因坊戦』をW開催しました。多くの皆様にご参加をいただき、誠にありがとうございました。

対局

初手観戦の写真

(1)開催日  
  平成27年5月20日(水) 9:00~18:30 
  平成27年5月21日(木) 9:00~21:20

(2)会場
  浮月楼 明輝館(〒420-0852 静岡市葵区紺屋町11-1)

(3)対局者
  「羽生 善治(はぶ よしはる)名人」
            VS
   「行方 尚史(なめかた ひさし)八段」

★羽生善治名人が141手で勝利し、対戦成績を3勝1敗としました。 なお、初手観戦では、抽選で当選されたお客様にも、ご観戦いただきました。

大盤解説会

(1)開催日時 
  平成27年5月20日(水)14:00~18:30
  平成27年5月21日(木)10:00~21:20

(2)会場 
  浮月楼 本館2階 月光  
        本館3階 末広・高砂    
        (〒420-0852 静岡市葵区紺屋町11-1)    
       
(3)入場料
  2,000円(2日間共通)

(4)募集人員
  400名(先着順)

(5)内容 
  解説者「中尾 敏之五段」
  聞き手「本田 小百合女流三段」

  また、立会人等として来静された人気棋士の皆様にも解説いただきました。
  ・立会人 「大内 延介九段」
  ・副立会人 「橋本 崇載八段」 「菅井 竜也六段」  
  

★2日間で延べ356名の方にご来場いただきました。 ユーモアたっぷりの解説を聞きながら、白熱した対局をお楽しみいただきました。 次の一手クイズでは、棋士サイン色紙や本市特産のお茶ティーバッグ等をプレゼントしました。 
橋本崇載八段の解説の写真
菅井竜也六段の解説の写真

前夜祭

(1)開催日時  
  平成27年5月19日(火) 18:30~20:30

(2)会場
  ホテルセンチュリー静岡 5階 センチュリールーム(〒422-8575 静岡市駿河区南町18-1)

(3)入場料 
  一般      7,000円(限定記念扇子つき) 
  中学生以下  3,000円(記念品なし)

(4)募集人員 
  100名(先着順)

(5)内容 
  対局者の紹介、挨拶等。立食・フリードリンク制。お楽しみ抽選会も実施しました。

★会場には、「家康公ねぶた」も登場し、盛大に名人や挑戦者を歓迎しました。お楽しみ抽選会では、初手観戦ご招待チケットや本市伝統工芸品、棋士サイン色紙豪華7枚セット等をプレゼント。終始大いに盛り上がりました。
             
            
前夜祭の写真
前夜祭の写真

家康公ゆかりの地を巡るツアー

(1)日時
  平成27年5月19日(火) 13:00~16:00頃(集合12:50)

(2)行程
   
   ◎12:50 静岡駅集合 竹千代君像・家康公像をご覧いただきました。
   ◎13:00 静岡駅出発   
               ~ 観光バス乗車 ~
   ◎13:20 臨済寺到着
         ◆年に2日しかない貴重な特別拝観でした。
   ◎14:25 臨済寺出発
               ~ 観光バス乗車 ~
   ◎14:40 石部屋到着 
         ◆家康公命名「安倍川餅」をご賞味いただきました。
   ◎15:00 石部屋出発
               ~ 観光バス乗車 ~
   ◎15:15 静岡浅間神社到着
         ◆拝観、祈祷を実施しました。
   ◎15:50 静岡浅間神社出発
               ~ 観光バス乗車 ~
   ◎16:00 浮月楼到着 解散

(3)内容
    人気棋士の皆様と一緒に、徳川家康公ゆかりの地を巡るツアーを実施しました。
    家康公が幼少期、今川氏の人質時代に教育を受けたとされる「臨済寺」。5月19日は年に2日しかない特
   別拝観日のため、本堂・庭園の見学が出来る貴重な機会となりました。その後は、家康公が名付けたとい
   われる「安倍川餅」を、昔ながらの味を守り続ける老舗「石部屋」でご賞味いただきました。
    最後に、家康公が元服式を行った「静岡浅間神社」で、両対局者の健闘とご参加の皆様のご多幸を願う
   祈祷を実施しました。
    
(4)参加料
    2,000円

(5)募集人数
    30名(先着順)  

★副立会人の橋本崇載八段、菅井竜也六段、解説の中尾敏之五段、聞き手の本田小百合女流三段らとともに、バスツアーをお楽しみいただきました。 静岡浅間神社での健闘祈願では、羽生善治名人の飛び入り参加のサプライズもありました。                  
      
ツアーの写真
ツアーの写真

本ページに関連する情報

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

観光交流文化局 文化振興課 振興係

所在地:静岡庁舎新館16階

電話:054-221-1040

ファクス:054-221-1407

お問い合わせフォーム