第80期A級順位戦最終局~将棋界の一番長い日~ 実施報告 印刷用ページ

最終更新日:
2021年11月29日
 A級順位戦は、日本将棋連盟所属のトップ棋士10人によるリーグ戦で、毎年6月から3月頃にかけて行われます。名人への挑戦者を決めるとともに、B級1組への降級者も決定するもので、対局時間の長さや注目度の高さなどから、最終局が開催される日は「将棋界の一番長い日」と称されています。
 
 今年度本市では、「第80期A級順位戦最終局~将棋界の一番長い日~」として、A級棋士10名による一斉対局のほか、開会式や、棋士による多面指し指導将棋、色紙サイン会、大盤解説会、こども将棋大会など、将棋ファンの皆様にもご参加いただける豪華イベントを実施しました。実施内容は下記のとおりです。

徳川家康公と将棋の関わりと将棋名人制度の始まりについて

 徳川家康公は将棋に深い関心を示し、有力な将棋衆を駿府城に招き御前将棋を指させ、その地位向上を図るとともに、当時の第一人者でありました大橋宗桂ら8名に俸禄(現在の給与)を与え、宗桂はその中でも高位の扶持を賜りました。
 これにより、宗桂は将棋家元として正式に認められ、将棋所を唱えることとなり名人制度がここに始まりました。
 静岡市では、徳川家康公顕彰四百年記念事業の一環として、平成24年度から毎年様々な将棋事業を開催しています。
 平成25年度、29年度、30年度には、将棋名人制度の創設に関わった家康公に因み、「A級順位戦最終局」を「将棋名人戦第0局」と銘打ち開催してまいりました。
※令和元年度から、「A級順位戦最終局~将棋界の一番長い日~」に名称変更
  
  ↓チラシデータ↓

日時・会場

令和4年3月2日(水)、3日(木):浮月楼 (静岡市葵区紺屋町11番地の1)
令和4年3月6日(日):静岡市民文化会館 (静岡市葵区駿府町2番90号)

プログラム ―3月2日(水)― 

1.開会式

(1)時  間  18:30~19:30 (開会式終了後にお楽しみ抽選会を実施しました)
(2)会  場  浮月楼 本館2階「月光の間」
(3)内  容  対局を明日に控えた棋士の紹介、意気込み発表や対局のみどころ解説を式典形式で行ったほ
                   か、式後にはお楽しみ抽選会も実施しました。
(4)参加費  一般8,000円(記念手拭い及び特製弁当付き)、中学生以下1,000円(記念手拭い及び特選弁当
          は付きません)

(5)申込み  1口5名まで可、参加費事前納付
(6)参加者数 55名
開会式開催の様子その1
開会式の様子 その2(みどころ解説)
お楽しみ抽選会の様子

プログラム ―3月3日(木)―

1.対局

(1)時  間   9:00~終局
(2)会  場   浮月楼
(3)棋  士   永瀬拓矢王座-山崎隆之八段/羽生善治九段-広瀬章人八段/
                    佐藤康光九段-佐藤天彦九段/豊島将之九段-菅井竜也八段/
                    糸谷哲郎八段-斎藤慎太郎八段
(4)立会人   青野照市九段、東和男八段
(5)対局結果  対局結果は日本将棋連盟HPをご覧ください。

2.多面指し指導将棋

(1)時  間   1回目/9:45~11:00(渡辺名人、佐々木七段)
          2回目/11:10~12:25(大石七段、中村女流三段)
(2)会  場  浮月楼 本館2階「雪の間・花の間」
(3)内  容  プロ棋士(女流含む)と実際に将棋が指せる、多面指し指導将棋を実施しました。
(4)棋  士  渡辺明名人、佐々木慎七段、大石直嗣七段、中村真梨花女流三段
(5)参加費  名人5,000円、他棋士3,000円
(6)申込み  1口1名のみ。
(7)参加者数 9名
多面指し指導将棋(渡辺名人)
多面指し指導将棋(中村女流三段)

3.色紙サイン会

(1)時 間   1回目/9:45~11:00(大石七段、石本女流二段、藤井女流初段)
                   2回目/11:10~12:25(渡辺名人、佐々木七段)
(2)会  場  浮月楼 本館3階「末広・高砂の間」
(3)内  容  プロ棋士(女流含む)からサイン色紙が受け取れる、色紙サイン会を実施しました。
(4)棋  士  渡辺明名人、佐々木慎七段、大石直嗣七段、石本さくら女流二段、藤井奈々女流初段
(5)参加費  名人5,000円、他棋士3,000円(色紙代金込)
(6)申込み  1口1名のみ。
(7)参加者数 60名
色紙サイン会の様子(渡辺名人)
色紙サイン会の様子(佐々木七段)

4.大盤解説会

(1)時  間  14:00~終局
(2)会  場  浮月楼 本館2階「月光の間」、本館3階「末広・高砂の間」
(3)内  容  プロ棋士による大盤解説会や、次の一手クイズを行いました。
(4)参加費  3,000円/1名
(5)解説者  渡辺明名人、佐々木慎七段、大石直嗣七段
(6)聞き手  中村真梨花女流三段、石本さくら女流二段、藤井奈々女流初段
(7)PC操作  勝又清和七段、上野裕和六段、長岡裕也六段、上村亘五段
   兼解説 
(8)申込み  1口5名まで可
(9)参加者数 198名
大盤解説会の様子(2階会場)
大盤解説会の様子(3階会場)

プログラム ―3月6日(日)―

1.静岡市長杯こども将棋大会

(1)時  間  10:00~17:00
(2)会  場   静岡市民文化会館 3階 大会議室ほか
(3)内  容   小学校低学年の部、高学年の部、中学生の部に分かれて行う将棋大会です。
                   各部門1~3位には賞状、楯及び商品を、4位から8位(中学生は6位まで)には商品をそれぞれ授
                   与しました。
(4)参加費    小中学生1名につき500円
(5)申込み  1口5名まで可
(6)参加者数 105名(低学年38名、高学年46名、中学生21名)
(7)結 果
順位 低学年の部 高学年の部 中学生の部
優勝 佐原 志依 様 岩崎 夏子 様 小笠原 凛 様
準優勝 齋藤 洸 様 朝比奈 潤 様 鈴木 颯史 様
第3位 江藤 導理 様 望月 友就 様 椿 結宇 様

  
こども大会対局の様子

2.多面指し指導将棋(静岡市長杯こども将棋大会敗退者限定)

(1)時  間  13:30~15:50
(2)会  場  静岡市民文化会館 3階 A展示室
(3)内  容  こども将棋大会参加者のうち敗退者のみを対象とした、プロ棋士の多面指しによる指導対局です。
(4)棋  士  高田明浩四段、横山友紀四段、狩山幹生四段
(5)参加費  無料、棋士の指名希望はお受けできません。        
(6)申込み  事前申込み不要、当日受付。受付時間は当日案内します。
(7)参加者数 27名
指導対局の様子(横山四段)
指導対局の様子(狩山四段)
指導対局の様子(高田四段)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

観光交流文化局 文化振興課 振興係

所在地:静岡庁舎新館16階

電話:054-221-1040

ファクス:054-221-1407

お問い合わせフォーム