後期高齢者医療の窓口負担割合の見直し及び保険証の更新について 印刷用ページ

最終更新日:
2022年7月6日
 2022年(令和4年)10月1日から後期高齢者医療の窓口負担割合が見直され、一定以上の所得のある方は、現役並み所得者(窓口負担割合が3割の方)を除き、医療費の窓口負担割合が2割になります。この制度改正に伴い、8月1日から使用いただく保険証の有効期限は、9月30日までの2か月間となり、10月1日から使用いただく保険証は、9月下旬に別途発送します。
 なお、限度額適用認定証及び限度額適用・標準負担額減額認定証については、7月25日までに発送します。
 
◆詳細は、下記「後期高齢者医療の窓口負担割合の見直しについて」及び「保険証の更新について」(広域連合ページ)をご覧ください。

後期高齢者医療の窓口負担割合の見直しについて(広域連合ページへのリンク)
(新規ウィンドウ表示)

保険証の更新について(広域連合ページへのリンク)
(新規ウィンドウ表示)
 

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 健康福祉部 保険年金管理課 後期高齢者医療係

所在地:静岡庁舎新館12階

電話:054-221-1081

ファクス:054-221-1068

お問い合わせフォーム