所属長メッセージ 印刷用ページ

最終更新日:
2021年5月19日

コロナ禍の中、何事も前向きに考え、今できることを共にやりましょう

 皆さんこんにちは。葵区役所葵福祉事務所生活支援課長の石亀です。

 令和3年度に入っても引き続きコロナ禍の中、飲食業を中心に雇用の悪化により、生活が苦しくなっている方々が増加してきているのではないかと思われます。

 コロナウィルスがまん延する前のように、自立生活ができるまでの一時期困難を乗り切っていく手段として生活保護制度や住居確保給付金制度を活用することも考えられます。

 私ども生活支援課の仕事内容は、昭和25年5月4日に制定された生活保護法に基づき、生活に困窮する人の最低生活を保障することと受給者の自立の助長を図ることを目的として業務を行っております。

 今回のようにコロナ禍による経済の失速により職を失ったり、また思わぬ事故や病気により働くことができなくなった方で、預貯金も消費し不動産や生命保険の積立金等資産もなく生活に困窮してしまうことがあると思います。
 このように自分の力で精一杯努力をしても生活費が捻出できないときには、厚生労働大臣が積算した最低生活費と比較し、その不足部分を援助し補うものが生活保護制度です。
 この最低生活費は、その方の居住している地域や世帯の構成・年齢等により金額が違います。

 また、申請は本人、同居の親族又は親兄弟などの扶養義務者が行うことができますが、生活保護制度は、原則として世帯単位での申請となりますので、ご家族と相談のうえ福祉事務所へおいでください。

 生活保護を受けている方には、守っていただかなければならないルールがあります。
担当のケースワーカーや就労支援員等が寄り添い、就労開始のための求職活動支援や健康回復のための受診指導など必要な助言や支援を行い、皆さんとともに自立生活を目指すこともその一つです。
 ケースワーカーは、定期的にお住まいへの訪問により生活環境等を把握し、必要に応じ生活の維持向上のための支援、指示や指導を行い、健康的な生活環境等を目指します。

 令和2年度から医療機関を適正に受診し、生活習慣病等へのリスク回避や保健指導により重症化を防ぐために健康管理支援事業を実施しております。

 他にも静岡市社会福祉協議会内にある生活困窮者自立相談支援の窓口「静岡市暮らし・しごと相談支援センター」と連携し、住居確保給付金制度を活用した一時支援事業を行っております。

 最後のセイフティネットである生活保護は、いざというときに皆さんのいのちと生活を守るための制度です。この制度により安心して生活できるようお手伝いさせていただきます。

 コロナ禍に立ち向かい、皆様とともに健康的な生活を回復するために協力させていただきますので、お気軽にご相談くださいますようお願いします。
葵区生活支援課長 石亀弘光 葵区生活支援課長 石亀弘光

お互い助け合い、地域で安心して暮らせる共生都市を目指して

 こんにちは。葵区障害者支援課長の蝦名です。本年4月に駿河区の障害者支援課から異動で参りました。

 障がいというと目が見えない、耳が聞こえない、歩けない、知的な発達が遅れている、といったイメージを持たれる方もいると思いますが、それだけでなく、内臓の機能に障がいがあったり、精神の障がい、発達障がいや難病など外見からはわかりにくい障がいもあります。 現在では、「心身の機能の障がいのために、日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける状態」と、広くとらえるようになっています。
 障がいの範囲が拡大していることに加え、高齢化や社会環境の変化などにより障がいのある人は増加しており、葵区に居住し障害者手帳をお持ちの方は、平成31年度末で13,570人となっていて、障がいは身近なものになっています。
 静岡市では障がいのある人もない人も、お互いに助け合い、地域で安心して暮らせる共生都市となることを目指しています。

 私ども障害者支援課では障がいにかかる支援制度の申請や相談を受け付けていますが、市民の皆様にも、障がい者への理解やちょっとした手助けなど、小さなことでもよいので意識を持っていただくことで、「ともに生きる社会」に少しでも近づくのではないか、と思っております。どうぞよろしくお願いします。
葵区障害者支援課長 蝦名倫代 葵区障害者支援課長 蝦名倫代

「子どもがよく育つまち」の実現に向けて

 こんにちは。 子育て支援課長の田中です。
 「静岡市は子どもをたいせつにします」を基本理念として、子ども本位の視点に立ち、すべての子どもたちが将来に夢や希望を持って成長できる社会とその実現に向けて取り組んでいます。

 子育て支援課では
(1) 認定こども園等の入園に関すること
(2) 子どもに関する手当や助成に関すること
(3) 子どもを取り巻く様々な相談に関すること  を行っています。

 (1)については、子どものための教育・保育の給付、子育てのための施設等利用給付の認定等を行っています。2号・3号認定児童については、保護者の就労状況など保育の必要性に応じた指数を算定し、指数の高い世帯から順に利用調整をしています。また、経験豊富な保育コーディネーターを中心に、施設利用の相談を受けながら、お子さんにあった保育サービスの利用支援をしています。 
 (2)については、中学生までの子どもを養育している方に支給する「児童手当」、18歳までの子どもがいるひとり親家庭などに支給する「児童扶養手当」などがあります。 また、高校生世代(18歳)までを対象とした「子ども医療費」の助成、ひとり親家庭を対象とした「母子家庭等医療費」の助成、ひとり親家庭などが対象の「福祉資金」の貸付などを行っています。
 (3)の子どもに関する相談については、子どもと子どもを取り巻く家庭の様々な相談を、電話又は面談で受け付けしています。 必要に応じ、関係機関との連絡調整や福祉サービスの紹介なども行います。

 このように子育て支援課では、「子どもがよく育つまち」の実現に向け、様々な業務を行っています。
 職員もわかりやすく丁寧な説明と迅速な対応に努めておりますので、子どものことで困ったことやわからないことがあるときなどがありましたら、お気軽にご相談ください。
 また、静岡市では子ども・子育ての取組や支援などの他、主なライフイベントに係る諸手続きについての情報発信をしていますので、ぜひご覧ください。
葵区子育て支援課長 田中克征 葵区子育て支援課長 田中克征
静岡市子育て応援総合サイト「ちゃむしずおか」 静岡市子育て応援総合サイト「ちゃむしずおか」
静岡市行政手続きガイド 静岡市行政手続きガイド

高齢介護課へご相談ください

 こんにちは。葵区役所高齢介護課長の横山です。
昨年に引き続き2年目となりました。どうぞよろしくお願いいたします。

 高齢化が急速に進んでおり、誰もが、いつまでも、「自宅で」「家族と」「健康に」暮らすことを思い描いているものですが、必ずしもその通りに進まないことがあります。
 高齢介護課では、葵区2階の10番、11番窓口で、介護保険関連業務と高齢者福祉業務を担当しておりますので、高齢者関連でお困りになった場合は、お気軽にご相談ください。

介護保険関連業務については、介護保険の認定調査、要介護・要支援認定、給付、その他各種申請に関する業務等を行っております。
高齢者福祉業務については、高齢者本人やそのご家族様からの様々な相談業務、在宅福祉サービスを中心とした高齢者のみなさんの生活向上や経済的負担軽減のための福祉サービス申請受付業務等を行っております。

高齢介護課では、これからも皆様が相談しやすく、満足していただける窓口を目指して、わかりやすい説明と親切・丁寧な応対をしていきたいと思っております。
葵区高齢介護課長 横山英二 葵区高齢介護課長 横山英二

葵区の魅力をお届けします!

 皆さんこんにちは。
葵区役所地域総務課長の浪越と申します。
どうぞよろしくお願いします。

地域総務課では、市民のみなさんの一番身近な窓口として、
〇自治会・町内会活動支援
〇地域の防災・災害対策
〇区や市の情報公開
〇各種市民相談
をはじめ普段の生活に関わる多種多様な業務を行っています。
 また、地域総務課内の葵区選挙管理委員会事務局では、国政・地方選挙の執行を行っています。
そのほかには、葵区の魅力を高める支援や、その魅力を多くの方に届けるための情報発信も行っています。
 私は、葵区民歴48年ですが、地域総務課に配属となり、まだ行ったことがない場所や地域のイベントがたくさんあることを知りました。今年は、私自身も、葵区の魅力を探しに出かけ、皆さんにお届けしたいと思っています。
 
【 区の魅力づくり事業 ~募集案内~ 】
https://www.city.shizuoka.lg.jp/396_000019.html

【 情報発信 】
「あおいくんのおでかけ日記」
https://www.city.shizuoka.lg.jp/396_000205.html
「あおいくんのYouTube(ユーチューブ)チャンネル」
https://www.youtube.com/channel/UCHO6jfz6myZ70D10BAa4g0Q
「あおいくんファミリーの4コマ漫画」https://www.city.shizuoka.lg.jp/396_000204.html
「葵区役所 Twitter(ツイッター) 【静岡市葵区役所】あおいくんち」
https://twitter.com/aoikun_aoiku

葵区役所地域総務課長 浪越達也 葵区役所地域総務課長 浪越達也

ご家族、地域の皆さんとともに災害への備えを

 皆さん、こんにちは。4月から葵区役所にまいりました地域総務課 地域防災担当課長の三浦と申します。

 静岡市は、豊かな自然に恵まれ、温暖であるとともに、程よく都市機能が集積し、人々も人情味があってとても過ごしやすいところです。しかし、この生活環境を守るためには、いつ起きてもおかしくない南海トラフ巨大地震や近年頻発する異常気象など災害への備えが必要です。

 災害対策には、自らの身を自らで守る「自助」、地域で助け合う「共助」及び公的機関による「公助」がありますが、特に大規模災害時には人員も物資も不足するため、「自助」と「共助」が重要になります。
 まずは、災害時、身に危険が迫っているときには、躊躇なく安全な場所に避難していただくようお願いします。身体の不自由な方など避難行動が難しい方が近隣にいらっしゃる場合にはサポートをお願いします。

 また、被災により自宅での避難生活ができなくなった場合に利用する避難所は、収容人数が限られ、そこでの生活は決して快適なものではないことに加え、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、三密の回避も求められます。
 そこで、住居の耐震診断や家具の固定、食料や水・簡易トイレなどの1週間分の備蓄など、それぞれのご家庭で備えをしていただき、なるべく避難所を利用しなくて済む対策をお願いします。また、ご家族が一緒にいるときに災害が起きるとも限りませんので、お互いの安否確認の方法や避難先など、ご家族でよく話し合っていただくことも大切です。

 市では、こうした災害対策に必要な情報をお伝えするため、職員を各地域に派遣する市政出前講座のメニューも用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

 今後も各地域の皆さんと連携して、災害に強く、安全で安心に暮らせるまちの実現に努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

葵区地域総務課地域防災担当課長 三浦 一敏 葵区地域総務課地域防災担当課長 三浦 一敏

暮らしとマイナンバーカード

 みなさんこんにちは。
葵区役所戸籍住民課長の大竹です。よろしくお願い申し上げます。

 皆様が区役所と聞いてまず最初に思い浮べるのは戸籍や住民票のことではないでしょうか。その業務を担当しているのが戸籍住民課です。区役所庁舎の1階にあって、区役所の顔とも言える部署だと思います。
 そのような当課ですが、実は、取り扱う事務は戸籍や住民票だけではありません。パスポートやマイナンバーカードの交付事務も行っています。

 そして近頃はマイナンバーカードが注目を集めています。

 令和3年9月には内閣府にデジタル庁が設置され、今後は様々な分野でデジタル化が進んでいくことでしょう。そういったデジタル化社会の形成に欠かせないのが、マイナンバーカードなのです。

 すでにカードをお持ちの方でしたらお気づきかもしれませんが、マイナンバーカードには金色のICチップが組み込まれています。その中には電子証明書が内蔵されていて、本人確認の認証が電子的にできる仕組みが備わっています。
 この機能を住民の皆様が持つことで、オンラインで各種の行政手続きができる条件が整っていきます。
マイナンバーカードの電子認証機能は、デジタル化社会の根幹であると言って良いでしょう。

 この先、マイナンバーカード使ってできることは徐々に増えていくと思います。暮らしをより便利なものにするために、マイナンバーカードを作りませんか?

詳しくはこちら!
https://www.kojinbango-card.go.jp/
(マイナンバーカード総合サイトへジャンプします)

葵区戸籍住民課長 大竹祥泰 葵区戸籍住民課長 大竹祥泰
マイナンバーカード詳細はこちらから マイナンバーカード詳細はこちらから

おもてなしの心とあおいくんファミリーがお出迎えします!

 皆さん、こんにちは。葵区役所保険年金課長の井澤です。
 昨年に引き続き2年目となります。どうぞよろしくお願いいたします。

 国民健康保険の窓口カウンターの下では、「あおいくんファミリー」が4コマ漫画風に様々な情報をお知らせしています。
 当課は年間延べ68,000人を超えるお客様をお出迎えしていますが、皆さんが区役所の窓口を利用される機会は年に数回程度だと思います。そのため、緊張して来庁されるお客様の不安を少しでも解きほぐし、安心して手続きしていただけるよう「あおいくんファミリー」にお手伝いいただいています。
 区役所に来庁された際には、ぜひ当課のカウンターの下を覗いてみてください。

 当課の業務ですが、保険年金課では国民健康保険と後期高齢者医療及び国民年金の3つの業務を取り扱っています。
 国民健康保険と後期高齢者医療は、病気やケガをした場合に安心して医療を受けることができるよう加入者が保険料を出し合い、お医者さんにかかる時の医療費にあてるという助け合いの制度です。
 また、国民年金は、20歳から60歳までのすべての人が加入し、現役時代に月々の保険料を納めることにより現役を退いた世代を助け、自分自身が現役を退いた時には次の世代に助けてもらう、世代と世代との助け合いの制度です。
 この3つの業務は皆さんの健康と生活を守る大切な仕事だと思っていますので、わからないことがあれば気軽にご相談ください。

 さらに当課では、令和元年10月から「おくやみ窓口」を運営しています。
大切なご家族が亡くなった際のお手続きについて、書類作成のお手伝いや、関係課へ職員が付き添って次の窓口を案内するなど、遺族に寄り添ったおもてなし対応を行っています。

 国民健康保険の手続きは区役所1階の7番窓口、後期高齢者医療は9番窓口、国民年金は6番窓口、おくやみ窓口は5番窓口になります。
日にちや曜日によって窓口が混み合うことがありますが、静岡市ホームページの混雑ランプでリアルタイムに混雑状況を確認することができますので、ぜひご利用ください。

 当課は常におもてなしの心を持って、わかりやすい説明と親切・丁寧な応対で皆さんに満足していただけるよう心掛けています。
葵区保険年金課長 井澤竜一 葵区保険年金課長 井澤竜一

住民の方に寄り添いその人らしい生活を送ることができるようサポートします

 皆さん、こんにちは 葵区役所健康支援課長の望月です。
 健康支援課は、城東保健福祉エリア保健福祉複合棟の2階に事務所があり、4つの保健福祉センター(城東、東部、北部、藁科)を所管しています。

 保健師や管理栄養士が、赤ちゃんから高齢者の方の健康に関するご相談に、お電話や面接でお答えします。必要に応じ、ご家庭に訪問もしていますので、お気軽にご相談ください。
 各保健福祉センターでは、母子健康手帳の交付などの受付業務のほか、安心して出産・育児ができるよう、「マタニティ教室」や「両親教室」を開催しています。また、0歳児育児相談、1歳6か月児・3歳児健診、子育て講演会なども行っており、お子様の健やかな成長のお手伝いをさせていただいております。新型コロナウイルス感染症の感染防止対策を取りながら実施をしておりますので、安心して参加していただけたらと思います。

 育児に関するご相談内容は、赤ちゃんの体重の増え方、離乳食の進め方が分からない、発育・発達が気になるなど様々です。コロナ禍のため、外出の機会が減り育児ストレスを感じているというご相談も増えています。子育ては、一人一人違うので戸惑うこともあります。一人で悩まず、まずはご相談ください。
 その他、働き盛り世代から高齢者の方には、健康診断結果の説明や、生活習慣病予防のご相談にものっています。
「静岡市食生活・生活習慣における実態調査(令和元年度)結果」では、食塩摂取量が国の目標量より多いという結果も出ています。その方の生活スタイルに合わせ、無理なく続けられる食事の摂り方や運動などの改善方法をご一緒に考えますので、是非一度ご利用ください。

 静岡市では「生涯を通じて、生きがいを持ち、健康な人が満ちあふれるまち」を目指しています。
新型コロナウイルス感染症の影響により、私たちの生活も大きく変わっています。人との交流や外出機会が減り、気分が落ち込むことが多くなった、イライラすることが増えた、筋力が落ちてしまった等の声を聞くこともあります。新型コロナワクチン接種が始まりましたが、これからも「新しい生活様式」で過ごすことが続くと思われます。
 そのような中ではありますが、健康支援課・保健福祉センターは、皆さんの健康づくりのお役に立ちたいと考えています。
どうぞ、よろしくお願い致します。
葵区健康支援課長 望月弥生 葵区健康支援課長 望月弥生

井川 豊かな自然が自慢です

 皆さん、こんにちは。井川支所長の長坂好洋です。
 井川に暮らしはじめて3年目になりました。

 井川は静岡市街地から車で約2時間、自然豊かな南アルプスのふもとに位置しています。
その中で、井川支所は地域の中心部にあり、戸籍や税金の証明業務をはじめ、福祉関係など幅広い業務で地域の方々の生活をサポートできるよう日々勤めています。
 また、職員が高齢者世帯を定期的に訪問し、健康状態の確認や身近な困りごとがないかなどの声かけを行っています。

 ほかにも、井川地域のすばらしさを多くの方に知っていただけるよう、地域の自然を活かした施設の活用も行っています。
 井川の山の中に湖があるのをご存じですか?井川湖畔を歩く遊歩道や、湖上をはしる井川湖渡船も運航しており、これらの管理を井川支所で行っています。渡船では、新船「令和聖(れいわひじり)」の運航を昨年度より開始しました。今後は、船上で音楽を聴いたり、お茶を飲んだりするなど、大自然を堪能しながら色々な楽しみ方ができるよう考えています。
 井川は秋の紅葉が有名ですが、若葉薫る新緑の季節や夏の風景もおすすめです。夏は、市街地よりもかなり涼しく、過ごしやすいですよ。ぜひ一度、井川へお越しいただき、ゆったりとした時の流れをお楽しみください。

 「井川に住む方も、井川に遊びに来る方も、楽しめる地域づくり」を目指して、職員一同これからも業務に励んでいきます。
葵区役所井川支所長 長坂好洋 葵区役所井川支所長 長坂好洋

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

葵区 葵区役所 地域総務課 総務係

所在地:葵区役所1階

電話:054-221-1318

ファクス:054-221-1104

お問い合わせフォーム