新型コロナウイルス感染症対策 公の施設の使用料の還付について【対象期間を変更しました】 印刷用ページ

最終更新日:
2020年6月3日
静岡市では、施設の休館や新型コロナウイルス感染症の影響を理由に施設の利用を取りやめた場合、既に納付している使用料の全額を還付することとしましたので、その還付対象者等についてお知らせします。

※4月24日に対象期間を4月24日(金)から5月31日(日)へ延長しました。
 これに伴い、一定の要件を満たす場合の還付対象期間についても、6月1日(月)以降としました。
※5月15日に対象期間等を変更しました。
※6月1日に対象期間を変更しました。

還付対象者

1 還付の対象者
(1)大規模なイベント(※)の開催を中止又は延期等するために、許可(予約)を受けた施設の利用を既に取り
  やめた方、又は今後の利用を取りやめる方(該当施設:文化会館など)
    大規模なイベント・・・屋内であれば100人、屋外であれば200人を超えるイベント

  【対象期間】 令和2年5月15日から当分の間

(2)5月15日以降、施設の全部又は一部が再開に向けた準備が整わなかったことにより、許可(予約)を受けた
  施設が利用できなくなった方

2 経過措置
  次に該当し、既に施設の利用許可(予約)を受けている方については、経過措置として引き続き使用料の還付
 の対象となります。それぞれ対象期間等が異なりますので御注意ください。

(1)会議、イベント等の開催の中止を決定しなければ利用者に不利益が生じるおそれがあるため、「利用許可取
  消申出書」を提出し、許可(予約)を受けた施設の利用を既に取りやめた方、又は今後の利用を取りやめる方
  (これに準じる合理的な理由があると認められる方を含みます。)
  
  【申出期間】6月30日まで なお、取消の対象となる期間の終期は定めません。
 

還付手続

(1)施設の全部又は一部が再開に向けた準備が整わず許可(予約)を受けた施設が利用できなくなった方
  
市において還付手続を行いますので、施設予約者からの手続は不要です。
 (一部休館している施設において、許可を受けた開館している部分の利用を自主的に取りやめる場合は、
 (2)の手続が必要です。)

(2)新型コロナウイルスの影響を理由に施設の利用を取りやめた方、又は今後の利用を取りやめる方
  ア 5月15日(金)から当分の間の利用に関し、既に「利用許可取消申出書」を提出済の場合

   ⇒施設を利用しないことの理由が新型コロナウイルス感染症の影響であることを、改めて施設宛て
   御連絡ください。

  イ 今後、当分の間の利用に関し、新型コロナウイルス感染症の影響を理由に施設の利用を
   取りやめる方

   ⇒事前に各施設まで「利用許可取消申出書」を提出してください。
    その他書類の提出が必要となる場合がありますので、詳細については各施設に直接お問い合わせ
    ください。
 
   
ウ 一定の要件に該当し施設の利用を取りやめた方、又は今後の利用を取りやめる方
   ⇒既に「利用許可取消申出書」を提出し施設の利用を取りやめた方は、その理由が一定の要件に
    該当することを、改めて施設宛て御連絡ください。
    今後取りやめる方は、事前に各施設まで「利用許可取消申出書」を提出してください。
    その他書類の提出が必要となる場合がありますので、詳細については各施設に直接お問い合わせ
    ください。

その他

 対象期間は現時点で確定している期間であり、今後状況に応じて変更する場合があります。

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

総務局 総務課 行財政改革推進係

所在地:静岡庁舎新館9階

電話:054-221-1754

ファクス:054-205-1377

お問い合わせフォーム