『静岡市道の駅基本構想』を策定しました 印刷用ページ

最終更新日:
2019年8月19日
 道の駅制度が創設されて25年が経過しました。制度創設当初は、トイレ・売店・道路情報といった通過するドライバーへのサービス提供を目的とした施設であった道の駅ですが、近年は、農産物の加工所(6次産業化)や子育て支援施設、移住窓口など地域独自の工夫により多様な施設が併設されるようになり、「地方創生の拠点」として進化を続けています。
 静岡市も、道の駅を地方創生の重要な役割を果たす手法の一つと捉え、静岡市道の駅基本構想を策定しました。基本構想には、本市の強みを活かし、様々な課題に対応する道の駅を「計画」「整備」「運営」していくための指針を記載しています。

パブリックコメントの実施結果について

 基本構想策定にあたり、令和元年6月17日(月)から令和元年7月17日(水)まで市民意見公募手続(パブリックコメント)を実施し、181人の方から649件のご意見をいただきました。
 今後はいただいたご意見を参考に、新たな道の駅の整備に向けた更なる検討に取り組んでまいります。
 意見の提出にご協力いただき、ありがとうございました。

 実施結果の資料については、以下の場所でもご覧いただけます。
(1)道路計画課(静岡庁舎新館6階)
(2)各区の市政情報コーナー(葵区/静岡庁舎新館1階、駿河区/駿河区役所3階、清水区/清水区役所4階)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

建設局 道路部 道路計画課 道路企画係

所在地:静岡庁舎新館6階

電話:054-221-1239

ファクス:054-221-1045

お問い合わせフォーム