城北公園公募設置管理制度(Park-PFI)活用による事業者公募に向けたサウンディング型市場調査 印刷用ページ

最終更新日:
2020年8月24日

事業実施の背景

 静岡市では、公共施設を効果的・効率的に活用し、市民への必要な公共サービスを持続的に提供し続けるために、アセットマネジメント基本方針にて、民間活力の導入に取り組んでいます。平成29年6月には、改正都市公園法が施行され、官民連携による公園整備・管理運営の推進策の1つとして「公募設置管理制度」(Park-PFI制度)が創設されたことを受け、平成30年度に、その制度を活用した官民連携による都市公園の魅力向上の可能性の高い公園を抽出しました。
 その抽出公園において、公園の持つポテンシャルが高く、「公募設置管理制度」を活用した事業の可能性が高かった公園の1つが城北公園でした。
 城北公園は昭和55年に開園し、市民の憩いの場として利用され、貴重なオープンスペースとして日頃より多くの市民に親しまれていますが、開園からおよそ40年が経過し施設の老朽化や魅力の低下、駐車場がないことからアクセスがしづらいなどの課題を抱えています。また公園内に設置されている静岡市立中央図書館の大規模改修も控えております。
 そこで、公募設置管理制度を導入して城北公園の魅力向上を図りたいと考えております。


※1 公募設置管理制度(Park-PFI)とは
・都市公園において飲食店、売店等の公園利用者の利便性の向上に資する公園施設(公募対象公園施設)の設置と、その設置した施設から得られる収益を活用して、その周辺の園路、広場等の公園施設整備や、改修等を一体的に行う民間事業者を公募により選定する制度です。

調査の目的

 本調査は、城北公園整備・管理運営事業者公募にあたり、新型コロナウイルス感染拡大により経済方面への影響が大きく、先行きが不透明な状況であることから公募条件案を公表し、事業実施の連携が期待される民間事業者の参入意欲の再確認をおこなうことを目的としています。また、官民連携による実現性の高いアイデアや新しい生活様式に対応したご提案をいただくため、サウンディング型市場調査を実施します。

サウンディングの概要

 以下の実施要領をご確認の上、要領に従い参加申し込みください。
※個別対話については、新型コロナウイルス感染症による影響を鑑み、対話を希望する事業者とのみ実施します。ただし、新型コロナウイルスの感染拡大状況により中止、または特定地域からの参加をご遠慮いただく場合があります。また、マスクの着用や参加人数の制限など感染防止対策にご協力をお願いします。 ご希望により、WEB 会議システム等による対話も可能とします。

スケジュール

内容 日程
サウンディング市場調査実施要領等の公表 令和2年8月24日(月)
提案書の受付期間 令和2年8月24日(月)~10月16日(金)
個別対話期間(希望者のみ) 提案書受付後に随時
令和2年10月30日(金)までに実施

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

都市局 都市計画部 緑地政策課 公園活用係

所在地:静岡庁舎新館7階

電話:054-221-1107

ファクス:054-221-1294

お問い合わせフォーム