インフルエンザの流行を前に 印刷用ページ

最終更新日:
2021年10月29日
新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの予防方法は個人レベルでは同じです。
どちらの流行も起こさないよう、引き続き予防のための行動に努めましょう。

最近の新型コロナウイルス感染症の感染パターンと予防方法

 
[パターン1] マスクを外して1m以内での会話を1時間近く続けた。
→会話は必ずお互いに、正しくマスクを着用し、距離を保ち、短時間で終わらせましょう。

[パターン2] 体調不良を自覚していたが出勤した。
→職場の皆さんで、体調不良の方が休みやすい環境を整えて、自宅で過ごすことを促しましょう。

[パターン3] 自動車内で長時間、多人数が一緒に過ごした。
→自動車での移動時には換気や乗車人数に注意し、全員がマスクを着用しましょう。

[パターン4] ワクチン接種をしたが感染した。
→現在のワクチンは、主に重症化を予防することを目的としており、感染を完全に防ぐものではありません。ワクチン接種後も、引き続き適切な予防行動を心がけましょう。

基本的な予防を怠るのを、ウイルスは虎視眈々と狙っています。
正しい知識を持ち、感染防止対策を行いましょう。

 

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 保健衛生医療部 保健衛生医療課 保健医療係

所在地:静岡庁舎新館14階

電話:054-221-1549

ファクス:054-221-1162

お問い合わせフォーム