成年年齢引下げ後(令和4年度以降)の成人式式典の参加対象年齢について 印刷用ページ

最終更新日:
2019年11月15日

成年年齢引下げ後も成人式の参加対象年齢を『20歳』のままとします!!

●成年年齢引下げ後の成人式式典の参加対象年齢について、関係者の皆さんの意見を踏まえ、「20歳」のままとすることを決めました。
※令和4年度以降の成人式式典(令和4年度の式典は、令和5年1月に開催予定)

●式典の名称は今後検討します。

<検討のスタート>
・令和4(2022)年4月施行の「民法の一部を改正する法律」により、成年年齢が「20歳」から「18歳」に引下げられることから、成人式式典の参加対象年齢について、静岡市で、本年5月より検討を始めました。
※ 成人式の開催に関しては、各自治体の判断で実施しています。

<意見を聴取した関係者の皆さん>
・令和4年度に成人となる現在の高校1・2年生とその保護者、学校関係者、各区連合自治会長、静岡市成人式実行委員会委員(OB・OGを含む)、業界団体 等 

<主な意見>
・当事者及び関係者・団体の約8割が「20歳」の実施を希望
・18歳での進学、就職と重なる多忙な時期を避けたい。
・当事者による実行委員会方式での開催が継続して実施できる。
・20歳での開催により、市外へ転出した当事者が帰省することで、市民意識や郷土愛の醸成等が期待できるとともに、シティープロモーションの観点からも効果的

<今後の検討事項>
・式典の名称等(例:「20歳の集い」「ハタチを祝う会」など)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

子ども未来局 青少年育成課 育成係

所在地:清水庁舎9階

電話:054-354-2614

ファクス:054-352-7732

お問い合わせフォーム