松原フォーラム情報 印刷用ページ

最終更新日:
2018年1月12日
三保松原を全国の松原の保全活用活動の拠点に!

第3回松原フォーラムを開催します

チラシ抜粋

令和元年12月6日(金)
【松原講演会『海岸林の自然災害対策』】13:30~16:30
於 清水ふれあいホール(清水区旭町6-8)
入場無料 定員230名 先着順
○講演
三保半島の地質学的成り立ち:産業技術総合研究所福島再生エネルギー研究所 石原武志
三保半島砂嘴の最近60年の変遷:静岡県河川企画課
東日本大震災の津波被害とその後の松原再生:森林総研森林防災研究領域 坂本知己
三保松原の台風高潮での塩害被害とその対応―現場から:三保松原保全研究所

【海上交流会】於 ベイプロムナード号18:00~19:30
参加費6,500円 要予約
松原保全にかかる研究成果や各地のボランティア活動の紹介ポスターを、会場で展示します。

令和元年12月7日(土)
【松原講演会『松原を「知り・守り・育て・活かす」』】13:00~15:00
於 清水三保第一小学校 体育館(清水区三保1069-1)
入場無料 定員200名 先着順
○講演
三保松原の保全活用事業について:静岡市三保松原文化創造センター 名誉館長 近藤誠一
三保松原のマツ保全の状況について:森林総合研究所東北支所 中村克典
○パネルディスカッション「次世代を担う若者トーク」
パネラー・宮城嶋開人(静岡県立科学技術高校2年、清水第五中学卒)
     ・増田彩香(静岡大学3年、合同会社マツプロ)
     ・西崎颯良(京都大学5年、京都大学観世会)
     ・青木真咲(株式会社Otono代表取締役)
○ワークショップ「子どものためのマツ育て」
お話と松体験(三保松原保全研究所)


※有料、要予約のプログラムについては、11/29(金)までにお申し込みをお願いします。

主催:静岡市
問い合わせ・申込先:一般財団法人三保松原保全研究所(054-335-3777)

2017年度の松原フォーラム

平成30年2月23日、24日に「第12回白砂青松再生の会・静岡市三保松原大会(松原フォーラム)」を開催いたしました。

2018年度の松原フォーラム

平成30年12月1日、2日、3日に「第2回松原フォーラム」を開催いたしました。

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

観光交流文化局 文化財課 三保松原文化創造センター

所在地:清水区三保1338-45

電話:054-340-2100

ファクス:054-340-2700

お問い合わせフォーム