2月16日、日向の七草祭(ひなたのななくさまつり)を開催します。 印刷用ページ

最終更新日:
2024年2月1日

日向の七草祭とは?

「日向の七草祭」は、旧暦の1月7日に日向地区の福田寺観音堂を中心に行われる田遊び系の芸能です。
田遊び系の芸能とは、稲作の過程を模擬的に表現し、豊作を祈願する芸能です。
昭和55年に県指定無形民俗文化財に指定されています。

祭りは、午前に行われる「日の出の祈祷」と、田遊びが行われる「夜祭り」で構成されています。
その演目は、「歳徳祝(としとくいわい)」に始まり、「大拍子(だいびょうし)」、「申田楽(さるでんがく)」、七草祭を特徴づける「駒んず」、ユーモラスな仕草の道化が登場する「浜行(はまゆき)」、「若魚(わかいお)」、田遊びの詞章を唱える「数え文」があります。

ご興味のある方は、ぜひ足をお運びください。

〇開催概要
 日時:2月16日(金)
    日の出の祈祷 10:00~ 
    禊      13:00~ 
    夜祭り    18:30~
 会場:福田寺観音堂(葵区日向)
 アクセス:静岡市街地より車で約1時間 
 駐車場あり(JA静岡市大川支店)
 ※当日は、混雑が予想されます。
若魚
数え文

詳しい内容はこちら

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

観光交流文化局 文化財課 文化財保護係

所在地:静岡庁舎新館16階

電話:054-221-1066

ファックス:054-221-1451

お問い合わせフォーム