三保松原の再生化に向けた新たな取り組みをスタートします 印刷用ページ

最終更新日:
2019年4月1日
名勝「三保松原」が、世界文化遺産富士山の構成資産に登録されて3年。静岡市では、新たな取り組みとして、マツ材線虫病による松枯れ被害や林内環境の悪化などにより減少してきた松原を守っていくため、これまでの維持管理の充実も図りながら、松原拡大の可能性がある緩衝地帯内の土地を公有地化し、積極的な植樹を行い、松原の再生と一部拡大を目的に、「三保松原保全再生化プラン」として取り組んでまいります。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

観光交流文化局 文化財課 三保松原文化創造センター

所在地:清水区三保1338-45

電話:054-340-2100

ファクス:054-340-2700

お問い合わせフォーム