2020年農林業センサス 印刷用ページ

最終更新日:
2019年12月2日
 農林水産省、静岡県、静岡市では、「2020年農林業センサス」を実施します。
 農林業センサスは、農林業の生産構造や就業構造の実態を明らかにすることを目的に、5年ごとに実施する農林業に関する最も基本的な統計調査です。
 この調査は、全数調査として実施することから、詳細な地域ごとの農林業の実態を明らかにすることが可能であり、国だけでなく都道府県や市区町村など、様々なところで農林行政の推進に活用されています。

調査期日及び調査期間

 調査期日は、令和2年2月1日です。
 また、調査期間は、令和元年12月15日から令和2年2月28日までとしています。

調査の対象(調査客体)

 一定規模以上の農林水産物の生産、又は委託を受けて農林業作業を行う世帯や会社等の組織(農林業経営体と言います。)に対して調査を行います。
 具体的には、以下の(1)~(7)のいずれかに該当するすべての世帯や会社等の組織を調査客体とします(ただし、学校、試験場など営利を目的としないものは除きます。)。
 (1)経営耕地面積が30アール以上の規模の農業を営む世帯や組織
 (2)経営耕地面積が30アール未満でも、農作物の作付面積又は栽培面積、家畜の飼養頭羽数又は出荷羽数、その他の事業の規模が一定規模以上の農業を営む世帯や組織
 (3)農業サービス(農作業の受託や選果選別等)の事業を営む世帯や組織
 (4)保有山林面積が3ヘクタール以上の規模で、2020年をその計画期間に含む森林経営計画を作成している世帯や組織
 (5)保有山林面積が3ヘクタール以上の規模で、調査期日前5年間に継続して林業作業(育林又は伐採)を行った世帯や組織
 (6)委託を受けて育林作業(造林又は保育)を行った世帯や組織
 (7)委託を受けて又は立木を購入して素材生産を行い、過去1年間の素材生産量が200立方メートル以上である世帯や組織

回答方法

 調査員が客体候補(農林業経営体に該当する可能性のある候補)を訪問し、聞き取りを行い、調査客体に該当するかどうかを判定します。判定の結果、農林業経営体に該当することを確認した場合、調査員が調査票を配布いたします。
 調査票の提出は、次のいずれかの方法を選択することができます。
 ア インターネット回答
 イ 調査員に提出

 なお、高齢等により調査票の記入が困難な調査客体の場合は、必要に応じ記入の補助を行うこともできます。

調査票の管理

 回答いただいた内容は、「統計法」という法律の規定により、適正に管理します。秘密の保護には万全を期しており、統計法に定められている利用目的(統計の作成や各種統計調査の名簿を作成することなど)以外に使用することは絶対にありませんので、安心してご回答ください。

報告義務と個人情報の保護

 「2020年農林業センサス」は、「統計法」(平成19年法律第53号)に基づく基幹統計調査であり、報告義務があります。 また、「統計法」には、調査関係者が調査により知り得た事項を他にもらしてはならない守秘義務が定められており、これらに反したときの罰則が定められています。

かたり調査にご注意下さい

 「2020年農林業センサス」をよそおった不審な訪問者や不審な電話・電子メールなどにご注意ください。  調査員は必ず「調査員証」を身に付けておりますのでご確認ください。また、金品を請求したりすることは絶対にありません。

リンク


関連リンク 農林水産省「2020年農林業センサスキャンペーンサイト」(外部リンク)
                                ↓
                 

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

企画局 企画課 統計係

所在地:静岡庁舎新館9階

電話:054-221-1024

ファクス:054-221-1295

お問い合わせフォーム