市民カメラマンレポート令和元年7月号-2【山アジサイ】ほか 印刷用ページ

最終更新日:
2019年7月30日

山アジサイ

 葵区桂山の長光寺の境内で山野草の「山アジサイ」が見頃を迎えました。
 一般的に見る鑑賞用のアジサイに比べ派手さはありませんが、「山アジサイ」は小ぶりの花が清楚で気品が感じられます。青・赤・白・紫などの花が初夏の風に揺れ、参拝者や花見に訪れた人達の目を楽しませてくれています。
 この「山アジサイ」は先代御住職(故人)が“地元玉川村の村おこし”に寺として役立つ事はないだろうかと地元・檀家に相談したところ「山アジサイ」を境内に植栽することになり、玉川の新名所にすべく、8年前から根付けを初め、現在では約280種、約1000株が本堂をぐるっと囲んでいます。(6/13撮影)

 令和元年市民カメラマン 田中 浩
白い花を咲かせる山アジサイ
紫色の花を咲かせる山アジサイ
山アジサイに留まる蜂
山アジサイを観賞する母親と赤ちゃん

ジャカランダ

 JR清水駅みなと口に今年もジャカランダの花が満開となり見頃を迎えております。
この花はブラジル南部原産の半常緑性高木で和名をシュンボクと呼び紫雲木と書きますが、ジャカランダと呼ばれることが多いです。特徴は、トランペット状の花が次々に、3週間ほど咲き続けるのが特徴です。(6/22撮影)

 令和元年度市民カメラマン 大滝 和男
紫色の小さな花を密集させて咲かせるジャカランダ
緑の葉と紫の花のコントラストが美しいジャカランダ
紫色の花に彩られた公園
ジャカランダの紫の花をアップで撮影

アガパンサス

 梅雨に入りうっとうしい日が続きますが、麻機緑地公園の遊歩道沿いでは梅雨に似合う花“アガパンサス”の花が見頃を迎えました。
 この地区では、今が時期のハスの花や春の河津桜、約200mの遊歩道に地元の人たちが植栽しているヒマワリなど、四季を通じて花を楽しむ事が出来、多くの人の散歩路になっています。
 花の周りには、蝶やハチが飛び交い、田植えの終わった田んぼには鳥たちが餌を求めてやって来ています。
 紫色のラッパ型の花が横向きに咲き、山間の中で風に揺れる光景は、ユッタリとした気持ちにさせてくれます。花は7月初旬まで楽しめそうです。(6/18撮影)

 令和元年市民カメラマン 田中 浩
青空の下、ラッパ型の花を開いたアガパンサス
散歩路沿いに咲いているアガパンサス
横向きに咲く紫のラッパ型の花
アガパンサスの花は六つの花びらで構成されている

ハスの花見頃

 葵区漆山の麻機遊水地ではハスの花が見頃を迎えました。
 みずみずしいピンクの花の中央にある蜂の巣に似たような形の黄色い花托と、池一杯に広がる葉の緑などのコントラストは見事で、ツバメやとんぼ、蝶などが花の上を舞う光景は訪れた人達の心を癒してくれます。
 梅雨の合間のこの日、多くの人が訪れていました。まだまだ蕾は沢山あり、花は来月初旬まで楽しめそうです。(7/6撮影)

 令和元年度市民カメラマン 田中 浩
みずみずしいピンクの花を咲かすハスの花
辺り一面に広がるハスの花
ハスの花を指さす姉弟
ピンクの花の中央には、黄色の花托が見える

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

総務局 市長公室 広報課 広報紙係

所在地:静岡庁舎新館8階

電話:054-221-1021

ファクス:054-252-2675

お問い合わせフォーム