市民カメラマンレポート令和2年8月号-1【駿府の夜空に願いを込めて】ほか 印刷用ページ

最終更新日:
2020年9月3日

駿府の夜空に願いを込めて

 8/1(土)の夜、駿府城公園ではスカイランタンが上げられました。
 家族連れやカップル、友人同士など多くの人が参加し、いろいろな願いや思いを込めた、たくさんの灯りが夜空いっぱいに舞い上がりました。
 夜空に上がったランタンを見ると、新型コロナウイルスの一日も早い収束を願っている人が多かったような気がしました。早く安心して暮らせる生活が戻ると良いですね。

 令和2年度 市民カメラマン 望月 敏秀
夜空に舞い上がった色とりどりのランタン
夜空一面に広がるランタン
ランタンを上げる人々
多くの人が夜空に舞い上がったランタンを眺めている

涼しさを求めて

 梅雨明けとともに連日猛暑が続き、涼しさを求めて葵区水見色にある「高山・市民の森」に出かけた。
 気温を見ると、何とここも32度だった。しかし、高山山頂に向かうハイキングコースは木々に覆われ、木洩れ日がさす程度で、通り抜ける風は心地よく、汗をかかないほどの涼しさだった。
 ハイキングコースの脇では、満開のヒガン科の多年草「キツネノカミソリ」が迎えてくれた。
 また、高山の池周辺では「半夏生(ハンゲショウ)」が花を付け、トンボが飛び、蝶が舞い、池には多くのオタマジャクシが泳いでいた。
 帰宅すると、この日の静岡は37.1度で全国一の暑さとか。「キツネノカミソリ」は8月中見られそうです。(8/7撮影)

令和2年度市民カメラマン 田中 浩
30センチほどの花径を伸ばしたキツネノカミソリ
ハイキングの途中でキツネノカミソリを眺める女性
トンボが枝にとまっている
池の周りに半夏生が花をつけている

夜空にやすらぎの花を

 8/22(土)の夜、清水区の清水入江小学校では「入江ふるさと祭り花火大会」の花火が打ち上り、入江地区の夜空に彩りを添えました。
 毎年恒例の地区の祭りも新型コロナウイルスの影響で中止となり、地域の人びとが笑顔で元気になれるようにと願いを込めて実施されたものです。
 大きな花火大会が相次いで中止となった今年、30分、150発の打上げは夏の思い出の1ページを綴ってくれたことと思います。
 

令和2年度市民カメラマン 望月 敏秀
夜空に大輪の花が咲いている
夜空に何発もの花火が打ち上げられている
夏の夜空に大きな花火が打ち上げられている
色とりどりの花火が打ち上げられている

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

総務局 市長公室 広報課 広報紙係

所在地:静岡庁舎新館8階

電話:054-221-1021

ファクス:054-252-2675

お問い合わせフォーム