令和元年度(平成31年度) 在宅医療・介護連携推進事業 印刷用ページ

最終更新日:
2020年6月22日
 本市では、今後、医療ニーズと介護ニーズを併せ持つ高齢者の増加が見込まれることから、高齢者が住み慣れた地域において暮らし続けることができるよう、在宅医療と介護の連携を推進しています。

 令和元年度は、以下のような取組を行いました。

「自宅でずっと」在宅医療・介護連携推進事業

 後期高齢者人口の増加に伴い、高齢者が医療・介護が必要となっても、住み慣れた自宅でずっと最期まで安心して暮らせるよう、小圏域(小学校区等)の医療・介護専門職の連携による支援体制を構築することを目的とした事業です。
 
 令和元年度は、平成28~30年度の実績を踏まえ、地域包括支援センター主導の検討を継続(拡大・強化地区)するとともに、新たに6地区(新規地区)を対象に、市と地域包括支援センターが連携して、地域住民代表(自治会、民児協、地区社協等)と小圏域の医療・介護専門職を集めた検討会(「自宅でずっと」ミーティング)を開催し、「地域リハビリテーション」をテーマに検討しました。

■ 令和元年度対象地区
 ア 新規地区(小学校区等) 
葵区 田町学区
安東学区
千代田学区
安倍圏域
駿河区 長田西学区
清水区 由比地区

 イ 拡大・強化地区(日常生活圏域)
葵区 安西番町圏域
藁科圏域
伝馬町横内圏域
長尾川圏域
賤機圏域
城北圏域
美和圏域
服織圏域
井川圏域
駿河区 小鹿豊田圏域
長田圏域
大谷久能圏域
大里中島圏域
八幡山圏域
大里高松圏域
清水区 港北圏域
岡船越圏域
飯田庵原・高部圏域
両河内圏域
松原圏域
有度圏域
興津川圏域
港南圏域

■ 事業の流れ(新規地区)
時期 会議名 主な内容
6月 キックオフミーティング ・講演
・グループワーク               
8~2月          「自宅でずっと」ミーティング
(地区ごと4回開催(安倍圏域は2回))
・顔合わせ
・ケーススタディ
・グループワーク
3月 報告書作成(新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から報告会の開催は中止)  
キックオフミーティング キックオフミーティング

在宅医療市民公開講座

 在宅医療・介護連携に関する市民の理解促進を図るため、広く市民向けの講座を開催しました。
 超高齢化社会の中、たとえ医療や介護が必要となっても、住み慣れた自宅で、人生の最後まで、自分らしい生活を続けられることを多くの人が望んでいます。

 『自分らしい』人生のしまい方 ~映画&トークセッション~
 令和元年度の在宅医療市民公開講座では、第1部では埼玉県新座市で患者と家族と向き合い、最後の日々をともに過ごす医師と在宅医療チームに密着した200日を記録したドキュメンタリー映画を上映しました。第2部では静岡市内で在宅で看取りを支えている医師と訪問看護師から、ご自身が関わってきた事例を基に、在宅医療を支えていく上で患者や家族とどのように向き合ってきたのかお話をいただきました、
 市民の皆さんに、「自分らしい最後の迎え方」について考えていただく機会となりました。
 ■日時 令和2年2月1日(土)15:00~17:50
 ■場所 ホテルセンチュリー静岡 5階 センチュリールーム(駿河区南町18-1)
 ■内容
  (1)第1部 上映会 人生をしまう時間(じんせいをしまうとき)
  (2)第2部 トークセッション「自分らしい人生のしまい方」
      パネリスト 遠藤博之氏(たんぽぽ診療所 院長)
             杉山幸穂氏(静岡済生会訪問看護ステーションおしかサテライトみかど台)
 

上映会 上映会
トークセッション トークセッション

在宅医療出前講座

 市民が希望する会場へ、専門職が出向き、市民向けの講座を開きました。

■ 令和元年度在宅医療出前講座
テーマ 在宅医療・在宅介護って何?~よくわかる在宅医療・介護~
受講対象 10人以上の団体・グループ
講師職種    医師、看護師、介護支援専門員、社会福祉士、介護福祉士

開催期間及び
回数

令和元年5月~令和2年2月 17回
申し込み団体 事業者、ボランティア・自主学習グループ、S型デイサービス、認知症カフェ等

在宅医療出前講座「いつまでも元気でいるための栄養とお口の健康」

在宅医療出前講座

 フレイル*を予防する大きな3つの柱は、「運動」、「食生活」、「社会参加」です。
 市民の皆様が住み慣れた自宅でずっと人生の最後まで暮らせるように、健康な時からフレイルの予防につながる「栄養」や「オーラル(口腔)フレイル」について講座を開催しました。
*「フレイル」とは、健康と要介護状態の中間の「虚弱」状態を指す言葉です。

 ■令和元年度在宅医療出前講座「いつまでも元気でいるための栄養とお口の健康」実施内容
テーマ いつまでも元気でいるための栄養とお口の健康
受講対象 フレイルチェック実施者、歯と口腔の健康、栄養に関心のある方
講師 歯科医師、歯科衛生士、管理栄養士
開催期間及び回数 令和元年7月~令和2年2月  4回

医療・介護専門職のための研修会

 在宅医療・介護連携推進のため、医療・介護の関係者等を対象とした研修会を開催しました。
 令和元年度は、「多職種協働による地域リハビリテーション」をテーマに研修を実施しました。
 
 ■日時:令和元年12月1日(日)14:00~17:00
 ■場所:グランシップ 会議ホール風(駿河区池田79-4)
 ■内容:
  (1)講演「地域リハビリテーションの意義と今後の方向性について」
     講師 浜松医科大学医学部附属病院 リハビリテーション部 部長 山内克哉氏
  (2)事例発表「多職種協働による地域リハビリテーション」
     発表者 平野医院 医師 平野周太氏
          ケアマネジメントペリデ新通 ケアマネジャー 奥山和美氏
          訪問リハビリテーション事業所テラ 理学療法士 野々村宏紀氏
          城西地域包括支援センター 看護師 杉山雅子氏
          静岡市在宅医療・介護連携協議会 市民委員 岩崎祐子氏
講演
事例発表

医療・介護・福祉スーパーバイザー人材配置事業

 高齢者が在宅でも安心して暮らせるよう、病院や地域包括支援センター等に対して、かかりつけ医の紹介や介護サービスの手配等に関する助言や情報提供、関係機関との調整などを行うスーパーバイザーを静岡・清水の両医師会に委託して配置しています。

静岡市在宅医療・介護連携協議会

静岡市在宅医療・介護連携協議会

 医療、介護等の関係者による静岡市在宅医療・介護連携協議会を設置し、事業の検討、情報交換等を行っています。また、具体的な事業の実践、検証を行う企画部会、情報共有部会、啓発研修部会、地域支援部会を設置し、継続的な検討を行っています。

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 地域包括ケア推進本部 在宅医療・介護連携推進係

所在地:静岡庁舎新館14階

電話:054-221-1576

ファクス:054-221-1577

お問い合わせフォーム