ガソリンの容器詰替え販売における本人確認等についてお知らせ 印刷用ページ

最終更新日:
2020年1月22日
 令和元年7月に発生した京都府京都市伏見区の爆発火災を受け、同様の事案の発生を抑止するため、ガソリンを容器に詰め替えて販売するときは、顧客の本人確認、使用目的の確認及び販売記録の作成を行うこととされました(令和2年2月1日施行)。

ガソリンを携行缶で購入される皆様へ

  令和2年(2020年)2月1日より、ガソリンを携行缶で購入する際は、本人確認(運転免許証の提示等)及び使用目的の確認が義務化されました。
 下記事項をご留意ください。
ガソリンを携行缶で購入される皆様へのリーフレットを掲載

ガソリンスタンド事業者の皆様へ

  令和2年(2020年)2月1日より、ガソリンを販売するため容器に詰め替える際は、顧客の本人確認、使用目的の確認及び販売記録の作成を行うことが義務化されました。
 下記事項をご留意ください。

 
ガソリンスタンド事業者の皆様へのリーフレットを掲載

総務省消防庁HPリンク

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

消防局 消防部 予防課 危険物規制係

所在地:駿河区南八幡町10-30

電話:054-280-0191

ファクス:054-280-0182

お問い合わせフォーム