消防ヘリコプター「カワセミ」の主要装備品 印刷用ページ

最終更新日:
2019年4月1日

ホイスト装置

ホイスト装置 フックが付いたワイヤーケーブル(直径4.8ミリメートル)で、救助隊員を降下させたり、要救助者などを吊り上げたりすることができます。 ・ケーブル最大長  76メートル ・吊り下げ能力  272キログラム

可視/赤外線カメラ

可視/赤外線カメラ 2つの機能を持つ一体式の撮影装置で、可視カメラ(CCD)では災害状況など目に見える状況を撮影、赤外線カメラでは目で見ることのできない火災などの熱の温度差を撮影することができます。

全方位カメラ

全方位カメラ

後部下面に装備された魚眼レンズ(平面補正機能付)により、地上での活動状況を映像としてパソコンに記録することができます。

サーチライト

サーチライト 夜間など各種作業支援に使用する強力な照明装置(可視/赤外線カメラ連動機能付)で、地上に照射することができます。 光度 3,000万カンデラ(1,600ワット)

機外拡声装置

機外拡声装置

災害時の避難誘導や各種広報活動に活用することができます。最大出力 850ワット

消火タンク

消火タンク 林野火災などの空中消火活動に使用し、自己給水ポンプ(約90秒で満水)付きで、最大容量1,420リットルの水を積むことができます。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

消防局 警防部 航空課 航空整備係

所在地:葵区諏訪8-10 静岡ヘリポート内

電話:054-267-3019

ファクス:054-267-3022

お問い合わせフォーム