ミャンマーにおける民主的な政治体制の早期回復を 求める静岡市議会のメッセージ 印刷用ページ

最終更新日:
2021年12月17日
 本年2月1日、ミャンマーにおいて国軍によるクーデターが発生し、アウン・サン・スー・チー国家最高顧問をはじめとする政府要人が逮捕・拘束された。また、報道によるとクーデター以降、国軍や警察による暴力により多数の民間人が死傷しており、こうしたミャンマー国内の情勢は、本市に住むミャンマー人の方々にも大きな不安を与えている。
 こうした中、我が国においては、6月に「ミャンマーにおける軍事クーデターを非難し、民主的な政治体制の早期回復を求める決議」が国会で採択されるなど、軍事クーデターや市民への暴力を強く非難する声が上がっており、本市においても、ミャンマー人の方々によりミャンマーの平和と民主主義を取り戻すための活動が行われている。
 本市議会は、自らの自由と人権、民主主義を取り戻すために声を上げ行動を続けているミャンマー国民の活動を支持するとともに、ミャンマーにおいて民主的な政治体制が早期に回復され、一刻も早く平和が取り戻されることを願う。

   令和3年12月17日
                                           静岡市議会議長  鈴木 和彦

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

議会事務局 議会総務課 総務係

所在地:静岡庁舎本館2階

電話:054-221-1158

ファクス:054-251-9213

お問い合わせフォーム