「静岡市被災動物救護計画」を作成しました 印刷用ページ

最終更新日:
2019年4月1日
大規模災害を想定し、静岡市において今後対応していく動物の救護対策について、災害時における市内の動物関係団体のそれぞれの役割、相互の協力体制を定め、「被災動物救護計画」を策定しました。
1 大規模災害の発生に係る動物の救護対策に取り組むための基本方針となるものです。
2 静岡市及び動物関係団体等の役割分担を明確にし、総合的な被災動物の救護体制を整備しました。

内容

1 平常時の対策
(1)災害時の同行避難、避難所での他人とのトラブルなど飼育者への教育
(2)自治会等へ同行避難などの理解、啓発
(3)動物救護対策会議の定期的な開催
2 災害応急対策
(1)対策本部の設置(本部長:静岡市獣医師会長)
(2)動物救護班:負傷動物の治療、収容動物の管理等
(3)動物対策班:救護指導、物資の配布、逸走動物の保護等
(4)動物救護センターの設置運営
  (候補地は、静岡市動物指導センター、動物指導センター北矢部倉庫、有度山総合公園内の3ヶ所です。
   発災時は、このうちの1ヶ所に設置します。)

本ページに関連する情報

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 保健衛生医療部 動物指導センター 動物指導第1係

所在地:葵区産女953

電話:054-278-6409

ファクス:054-278-2987

お問い合わせフォーム