砕氷艦「しらせ」一般公開及び海洋展2022の開催! 印刷用ページ

最終更新日:
2022年9月16日
砕氷艦「しらせ」が4年ぶりに清水港に寄港します!清水海洋展2022も同時開催!

【イベントの開催可否について】
※イベント当日は清水庁舎が停電となるため、電話対応ができません。イベントの開催可否についてはこちらのホームページを確認または静岡市コールセンター(054-200-4894/8:00~17:00)へお問い合わせください。

〇砕氷艦「しらせ」一般公開
 雨天でも開催(※)しますが、甲板上が濡れる場合など安全面の確保ができない場合は中止する場合があります。荒天により中止になる場合には、随時、こちらのホームページまたは清水港客船委員会ホームページ,Instagramに情報を掲載します。
 ※しらせの上甲板で傘をさすことができないので、必要な方は雨合羽等の傘以外の雨具を持ってくるようお願いします。


〇清水海洋展2022
 雨天でも開催します。荒天により中止になる場合には、随時、こちらのホームページに情報を掲載します。
 

砕氷艦「しらせ」一般公開について

砕氷艦「しらせ」が4年ぶりに清水港に寄港します!しらせの一般公開(見学)も行いますので、ぜひお越しください!
■日時 令和4年9月17日(土)・18日(日) 受付:9:00~15:00 ※
■場所 清水港日の出ふ頭(静岡市清水区日の出町)
■注意 日陰がある場所が限られているため、暑さ・日光対策をお願いします。
■その他 当日は自衛隊グッズ・しらせグッズの販売もあります!キッチンカーの出店もあるのでお楽しみに!

※広報紙「静岡気分9月号」には17日(土)~19日(月・祝)の3日開催と掲載されていますが、
 2日開催に変更となりました。お間違えのないようお願いします。
砕氷艦「しらせ」一般公開チラシ

清水海洋展2022の開催について

砕氷艦「しらせ」の寄港を記念し、清水海洋展2022~南極&北極がやってきた!~を開催します!
トークイベントやデジタルフォトビンゴの開催、各種展示やお楽しみゾーンもあるので、ぜひお越しください!

■日時 令和4年9月17日(土)~18日(日) 10:00~16:00(18日は15:00まで)
■場所 清水マリンターミナル2F(清水区日の出町10-80)、日の出ふ頭周辺
■内容 ●ステージトークイベント
    ・JAMSTEC 地球環境部門 北極環境変動総合研究センター 北極海洋環境研究グループ 藤原周様
     「変わりゆく北極海と海洋生態系研究」(17日(1)11:00~、(2)14:00~)
    ・国立極地研究所 南極観測センター教授 牛尾収輝様(第63次南極地域観測隊長)
     「海と南極から解き明かす地球の不思議」(18日(1)11:00~、(2)14:00~)
    ・静岡厚生病院外科 医師(県内在住) 宮﨑栄治様(第62次南極地域観測隊員)
     「南極ドクター越冬記」(18日13:00~)
    ●スマホで参加!デジタルフォトビンゴの開催
    ・デジタルフォトビンゴとは…?
     → 社会実験として、360メディア研究所(※)、makidai合同会社と連携した清水港エリア観光周遊
       における人流のビッグデータ取得を可能とするデジタルフォトビンゴを開催します。
       ※株式会社QLCLE、株式会社ハイスペックなどで構成される社会実装に向けた開発チーム
    ・どんな内容なの…?
     →会場周辺のフォトスポットをめぐり、スマホ上でビンゴカードを完成させるデジタルビンゴゲーム
      です。参加には受付で配布するQRコード(17日・18日各日先着300枚)が必要です。
      参加賞や景品も用意しています。ぜひご参加ください!
    ●お楽しみ・休憩ゾーン
     ・飲食ブース、販売ブース、休憩所
     ・木造模型体験ブース
      →木製工作シリーズの船の模型などを作成し、ミニプールで走らせる体験ができます!
      (材料費/有料)
     ・電動キックボード安全講習会(会場はマリンターミナル隣、芝生広場東側)
      →話題の乗り物!電動キックボードの安全講習・乗り方教室を開催します。
     ・「極地」体験コーナー(会場はマリンターミナル東側)
      →冷凍コンテナに入ってー20℃の世界を体験できます!
    ●その他展示
     ・海上自衛隊の活動
     ・清水港周辺のみなとまちづくり
     ・海洋文化施設ってなに?
     ・清水港、駿河湾を活かした海洋研究、産業、教育活動
清水海洋展2022チラシ

イベントのみどころ

海洋展みどころ(1) 南極・北極の最新の研究が見れる、聞ける!  
・南極、北極は寒いだけ?! 南極、北極の変化をとらえることは地球全体にとっても大事なこと。そうした南極、北極の最新の取組みをいっぺんに知ることができる貴重な機会になります。

海洋展みどころ(2) 清水港の未来、海洋を活かした様々な取り組みに触れる!
・清水港周辺は、様々な人が働き、また、着実に整備が進んでいます。海洋文化施設や防潮堤の整備など、注目される取組みについても、会場にて情報発信をしています。  
・また、清水港では、SDGsでも取り上げられている「海洋」を活かした研究、教育、産業の活動も活発です。そうした活動も紹介しています。

海洋展みどころ(3) 港での時間を楽しむ!  
・日の出岸壁の芝生広場からしらせや富士山を眺めたり、海洋展会場で休憩したり、岸壁、ホール、それぞれで、飲食やグッズ販売のコーナーが設置されますので、一息ついたりお出かけの思い出としてご利用ください。  
・そのほかにも、木造模型工作、冷蔵コンテナでの極地体験、デジタルフォトビンゴ、電動キックボード講習会(17日のみ)など、体験・参加できるコーナーもあります。
イベント内容詳細
キックボード

イベント開催にあたっての注意事項

・新型コロナウイルス感染対策のご協力をお願いいたします。
・周辺の駐車場が限られるため、できるだけ公共交通機関での来場をお願いいたします。
・熱中症対策のご協力をお願いします。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

経済局 海洋文化都市推進部 海洋文化都市政策課 みなと振興係

所在地:清水庁舎5階

電話:054-354-2432

ファクス:054-353-1022

お問い合わせフォーム