静岡市文化活動緊急支援補助金 印刷用ページ

最終更新日:
2020年9月1日
 現在、新型コロナウイルス感染症の影響により、文化活動を行うには、地域の感染状況や感染拡大リスク等を鑑み、静岡市の方針に沿って実施していただく必要があります。
 そのため、令和2年6月4日付けでこちらのページにてお知らせしたとおり、市の方針を理解・遵守しながら、対象施設を利用し文化活動を行う個人又は団体に、備品を含む施設の使用料の一部を補助し、文化活動の継続を支援します。

1.対象者

静岡市内に住所を有する個人又は団体

2.対象施設

以下の市内文化施設における施設使用料を対象とします。

(1)静岡市民文化会館の大ホール、中ホール及び大会議室
(2)静岡市清水文化会館マリナートの大ホール及び小ホール
(3)静岡音楽館 AOIのホール及び講堂

3.対象事業

 文化活動の発表会や公演等の本番の開催を想定していますが、人数制限などの条件内であれば練習や
稽古などの使用も認めます。対象となる活動は次のとおりです。

(1)演劇(演劇、ミュージカル、人形劇、朗読等)
(2)舞踊(バレエ、ダンス、日舞、パフォーミングアーツ等)
(3)音楽(邦楽、洋楽、オペラ、合唱等)
(4)民俗芸能(神楽、獅子舞、田楽、伝統行事等)
(5)伝統芸能(能楽、歌舞伎、文楽等)
(6)大衆芸能(落語、漫才、談話、浪曲、寄席演芸等)
(7)メディア芸術(映画、アニメーション及びコンピュータその他電子機器等を利用した芸術)
(8)その他静岡市の文化の振興に寄与する活動

⚠次のような事業は、補助の対象となりません
・総会、社内会議、研修又は講演会及び式典など、文化活動に合致しないもの。
・(公財)静岡市文化振興財団の助成金又は他の補助金の交付を受けるもの。

4.対象期間

令和2年6月4日(木)から令和3年3月31日(水)まで

※イベント開催制限の緩和状況等により変更する可能性があります。

5.補助対象経費及び補助金額

施設使用料(備品使用料を含む)の2分の1(上限20万円)
  
※申請回数の上限は1団体(個人)あたり1回までです。学校や会社等は、部活・部署ごとではなく組織として1団体にカウントします。
※準備やリハーサルのため、本番の前日から連続して施設を使用する場合は、一連の施設使用を1回として申請することができます。
※楽屋・控室使用料は補助対象経費には含まれません。

6.申請方法

申請書類(1)~(4)を、郵送または持参にて文化振興課までご提出ください。
※申請から交付までの流れは申請要領をご確認ください。

<申請書類>
(1)交付申請書(様式第1号)
(2)事業計画書
(3)収支予算書 
(4)施設若しくは附帯設備及び備品の利用申請書の写し又は見積書の写し


<提出先>
〒420-8602 静岡市葵区追手町5番1号 静岡庁舎 新館16階
静岡市役所 観光交流文化局 文化振興課

7.要綱

8.様式

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

観光交流文化局 文化振興課 文化交流係

所在地:静岡庁舎新館16階

電話:054-221-1040

ファクス:054-221-1407

お問い合わせフォーム