新型コロナウイルス感染症が5類に移行します 印刷用ページ

最終更新日:
2023年10月1日
 令和5年5月8日から、新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置づけが5類に移行されます。
 これにより、医療機関の受診や感染した時の療養生活が次のように変わります。

医療機関の受診について

 5月8日以降は、幅広い医療機関で受診できるようになります。

●受診方法について
 かかりつけ医がいる方は、まずはかかりつけ医にご相談ください。
 かかりつけ医がいない方は、静岡県ホームページの発熱等診療医療機関を参照してください。
 
 静岡県ホームページ 発熱等診療医療機関
 ※医療機関を受診する際は、事前に電話で確認し、医療機関の指示に従って受診してください


●医療費について
 外来診療ではインフルエンザで受診した時と同程度の医療費がかかります(保険診療の自己負担分)。
 ※令和5年10月1日から新型コロナ治療薬も自己負担あり
 ただし、令和6年3月末までを目途に、次の措置となります。
 ・外来医療費:新型コロナ治療薬費用に限り、医療費の自己負担割合に応じて上限額を定める(公費支援)。
          ⇒1割負担の方:3,000円、2割負担の方:6,000円、3割負担の方:9,000円
 ・入院医療費:高額療養費制度の自己負担限度額から月最大1万円を公費支援。

療養期間や療養中の生活について

 法律に基づく外出自粛を求めることはなくなりますが、以下の内容を参考にしてください。

●外出を控えることが推奨される期間
 特に発症後5日間が他人に感染させるリスクが高いことから、発症日を0日目(無症状の場合は検体採取日を0日目とする)として5日間は外出を控えてください。
 5日目に症状が続いていた場合、熱が下がり、痰や喉の痛みなどの症状が軽快して24時間程度が経過するまでは、外出を控え様子を見てください。
 登校・出勤は学校・職場の指示に従ってください(復帰にあたり改めて検査をしていただく必要はありません)。

※行政が外出自粛を求めることがなくなるため、食料支援、パルスオキシメーター貸出し、宿泊療養施設など行政による療養支援は終了しました。
※行政による療養証明書は発行できません。

●療養中の相談
 感染後に症状が悪化した際には、新型コロナウイルス感染症と診断を受けた医療機関かかりつけ医にご相談ください。また、静岡市に居住・滞在されている方で療養生活や症状の相談をしたい場合は下記の発熱等受診相談センターへご相談ください。
 
 静岡市発熱等受診相談センター 054-249-2221 
  土日祝日を含む24時間(夜間は緊急時のみ) 

※新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口の変更
 新型コロナウイルス感染症が5類感染症に移行して以降、上記の窓口への相談件数は減少傾向となっています。つきましては、令和6年3月31日17:00をもって上記の窓口の運用を終了し、令和6年4月1日から新型コロナウイルス感染症に関する問い合わせ窓口を変更します。
 4月1日からのお問い合わせ先は、後日、本ページに掲載いたします。



●周りの方への配慮
 発症後10日間が経過するまでは、ウイルス排出の可能性があることから、不織布マスクを着用したり、高齢者等ハイリスク者と接触を控える等、周りの方へうつさないをよう配慮をしてください。
 発症後10日過ぎても咳やくしゃみ等の症状が続いている場合には、マスクの着用など咳エチケットを心がけてください。

●後遺症について
 新型コロナウイルス感染症に感染して治療や療養の終了後も、倦怠感や咳などの症状が続いたり、一度体調が良くなった後に、再び症状が出てくることがあります。
 詳細は下記リンク(静岡県HP)をご覧ください。

濃厚接触者の取扱い

 5月8日以降は、一般に新型コロナウイルス感染症患者の濃厚接触者として特定されることはありません。また、濃厚接触者として法律に基づく外出自粛は求められません。
 同居のご家族が新型コロナウイルス感染症に感染した場合には、可能であれば部屋を分け、感染されたご家族のお世話はできるだけ限られた方で行うことなどに注意してください。
 

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 保健所 保健予防課 新型感染症係

所在地:葵区城東町24-1 城東保健福祉エリア 保健所棟2階

電話:054-249-3178

ファックス:054-249-3153

お問い合わせフォーム