有東木の盆踊 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日
国指定重要無形民俗文化財 平成11年12月21日指定
 
 市街地から安倍街道を北上し、梅ヶ島地区に差し掛かる手前で右に折れて、更に山道をさかのぼると、有東木にたどり着きます。
 有東木に伝わる盆踊りの特徴として、
  1 男踊りと女踊りに分かれる
  2 踊りの輪の中に華麗な灯篭が出る
  3 最後にムラの辻まで踊りながら向かい先祖を送り出す
などがあげられます。盆に先祖を迎えて、ともに踊りあかし、最後に先祖を送り出す、という盆踊り本来的な意義を今に伝える貴重な民俗芸能といえるでしょう。
 現在伝承している踊りは、男踊り10演目、女踊り15演目です。伴奏は太鼓のみで、踊り手がササラやコキリコといった古い楽器を打ち鳴らしながら踊り歌います。また詞章には、近世初期に成立したと考えられるものも多く、その内容は、恋の歌や豊作を祈るものなどで構成されています。
 
保存団体  有東木芸能保存会
 
8月14日・15日 に 静岡市葵区有東木 にある 東雲寺境内 にて
 
アクセス
 バス 「安倍線」(有東木行) 「有東木」下車
  車  市街地より約1時間
有東木の盆踊り 灯篭
有東木の盆踊り 男踊り
 
~みどころ~ 
 二晩、踊り明かした最後の演目は「なぎなた踊り」です。この踊りだけは二列になり、向かい合って踊ります。曲調は力強いものですが、最後のひと踊りということもあり、どこか寂しげな旋律が会場に響きます。有東木の人々は「盆踊りはご先祖さんと一緒に踊るもの」と語りますが、見ている私たちにもそうした踊り手たちの想いが伝わってくる演目です。
 踊り終えた人々は、対した相手と握手をかわします。その晴れやかな笑顔は、盆踊りが有東木の人々にとっていかに大切なものであるかを物語っています。
  

本ページに関連する情報

Windows Media Player

動画、音声ファイルの視聴には、Windows Media Player(無償)が必要です。 Windows Media Playerをお持ちでない方は、下記ページからダウンロードしてください。

Windows Media Player ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

観光交流文化局 文化財課 文化財保護係

所在地:静岡庁舎新館16階

電話:054-221-1066

ファクス:054-221-1451

お問い合わせフォーム