「大神楽祭2024」を開催します! 印刷用ページ

最終更新日:
2024年1月18日
芸能の聖地 静岡浅間神社の舞殿で、静岡市の中山間地域(通称:オクシズ)に伝わる神楽と、お正月の伝統行事として有名な由比のお太鼓祭を披露します。
民俗学の専門家である松田香代子氏(愛知大学非常勤講師)の解説付きで、楽しく観覧ができます。

市内各地で継承されている伝統文化を1日で堪能できる、絶好の機会です!
ぜひ、ご来場ください!

開催概要

◆日時 
令和6年2月25日(日) 13:00~17:30(予定)
※終了時間は前後する場合があります。
※天候や感染症の流行等により、出演団体の変更または中止となる場合があります。

◆会場  静岡浅間神社 舞殿(葵区宮ヶ崎町102-1)
※静岡浅間神社の駐車場は利用できません。
近隣の有料駐車場か公共交通機関を利用してください。

◆観覧料 無料(全自由300席・先着順)

◆プログラム
 第一部 13:10~15:30 神を迎える 
 (1)由比のお太鼓祭(豊積神社お太鼓祭り保存会)
 (2)湯立神事(静岡浅間神社・井川神社)
 (3)湯の幣(井川神楽保存会)  
 (4)八王子の舞(井川神楽保存会)
 (5)チキドン(梅ヶ島新田神楽保存会)
 
 第二部 15:30~17:40 神とともに舞う
 (6)天の鈿女の命の舞(横沢神楽保存会)
 (7)三宝の舞(横沢神楽保存会)
 (8)八幡の舞(清澤神楽保存会)
 (9)弓の舞(梅ヶ島新田神楽保存会)
 (10)須佐之男の舞(清澤神楽保存会)

(1月18日更新)プログラム、開催チラシを掲載しました。

★神楽とは

天の鈿女の命の舞(横沢神楽保存会) 天の鈿女の命の舞(横沢神楽保存会)

神楽の語源は、カムクラ(神座)、カミガカリ(神憑り)などからきています。
祭りの場に神を招き、舞を奉納することで邪気を祓い、又は豊穣を感謝する伝統芸能です。
静岡市の山間地にも、各地で特色のある神楽が伝えられており、「静岡県中部地方の神楽」として、平成26年3月に文化庁から「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」に選択されています。
 

出演団体

由比のお太鼓祭(豊積神社お太鼓祭り保存会) 由比のお太鼓祭(豊積神社お太鼓祭り保存会)

・井川神楽保存会(井川神楽)
・梅ヶ島新田神楽保存会(梅ヶ島の舞)
・清澤神楽保存会(清沢の神楽)
・豊積神社お太鼓祭り保存会(由比のお太鼓祭)
・横沢神楽保存会(横沢神楽)

オクシズマルシェ・平成安倍の市を同時開催!

オクシズマルシェ(オクシズ自慢の品の販売)
平成安倍の市(食品、雑貨などの販売)


◆開催時間 10:00~15:30(予定)
◆会場   静岡浅間神社境内
 

大神楽祭2024チラシ

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

観光交流文化局 文化財課 文化財保護係

所在地:静岡庁舎新館16階

電話:054-221-1066

ファックス:054-221-1451

お問い合わせフォーム