市民カメラマンレポート令和3年9月号-2【湯本の滝】ほか 印刷用ページ

最終更新日:
2021年10月6日

湯本の滝

 8/26(木)、清水区由比西山寺にある「湯本の滝」に行って来ました。
 由比地域では、由比入山の「銚子口の滝」が有名です。
 一方で、「湯本の滝」は地区住民以外ほとんど知る人がなく、落差も水量もたいしたことのない小さな滝ですが、優しい流れがたいへん魅力的です。
 集落の一番奥にあり、車での移動は途中かなりの狭路となり専用の駐車スペースもありませんので、陣笠山公園駐車場に駐車して訪れることをお勧めします(徒歩13分程度)。
 また、浜石岳ハイキングの帰りに、ぜひ立ち寄ってみてください。きっと癒されることと思います。

令和3年度市民カメラマン 望月 敏秀
細く穏やかな白い滝の流れと周囲の緑に癒される。
滝を下から捉えた写真。ゴツゴツとした岩肌に沿って流れていく。
岩肌に接近し、表面を流れる滝のしぶきを捉えた写真。瑞々しく躍動感がある。
真っすぐ落ちる滝の水は、まるで白糸のよう。

オクシズに咲く彼岸花 

 今年もお彼岸が近づいてきました。オクシズでは、この時を待っていたかのように彼岸花が咲き始めました。
 青空の下、雄大な山々と、稲穂や刈り取りの済んだ田、トンボ・蝶、ススキ・柿・栗・つゆ草など秋の動植物が織りなす光景は、ゆったりとした気分になり時の経過を忘れさせてくれます。
 毎年繰り替えされる光景の中、以前は彼岸花が群生していたところにソーラーパネルが敷かれていたり、農家の人がくわや籠を担いで渡っていた丸木橋が老朽化で取り壊されていたりと、少しずつ変化する周りの風景に、昔を懐かしく思い出すのも楽しみのひとつです。 (9/15撮影)

令和3年度市民カメラマン 田中 浩

 
山と刈り取りの済んだ黄色い田んぼを背景に、赤い彼岸花をアップで捉えた写真。
可愛いらしい青色の小花と彼岸花が共に咲いている様子を写したもの。
青空とススキと彼岸花。秋の訪れを感じる一枚。
柿の木と彼岸花。実っている柿は、収穫するにはまだ早いようだ。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

市長公室 広報課 広報紙係

所在地:静岡庁舎新館8階

電話:054-221-1021

ファクス:054-252-2675

お問い合わせフォーム