変更届等の提出が必要な手続について 印刷用ページ

最終更新日:
2023年7月28日

特別児童扶養手当 届出が必要な手続

氏名・住所を変更したとき 氏名・住所変更届
 
対象児童の障害程度が 重度になった 額改定請求書
対象児童の障害程度が 軽度になった 額改定届
 
受給要件を満たさなくなったとき
(例)児童が入所したとき
   児童を監護しなくなったとき
資格喪失届

 

よくあるご質問(特別児童扶養手当)

質問:結婚等により主たる生計維持者が変わる場合
回答:主たる生計維持者が変わる場合には手当の受給者も変更する
  必要があります。
   現在の受給者は資格喪失、新しい受給者は新規で手当の請求
  手続が必要になります。
 
質問:手当の受給者と養育している児童が別居する場合
回答:手当の受給者が単身赴任等で別居となる場合や、児童が学校
  の寄宿舎に居住する場合など、生計維持者に変更がなく受給者 
  と児童が別居となる場合には、「別居監護申立書」を提出して
  いただくことになります。
 
質問:所得状況届の審査結果が出た後に所得額が変わった場合
回答:審査結果の決定後に所得額が変わった場合には、変更後の
  所得額で再度審査をすることになります。

   審査後に所得額の変更があった場合には下の問い合わせ先
  までご連絡ください。

 

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 健康福祉部 障害者支援推進課 在宅支援係

所在地:静岡庁舎新館15階

電話:054-221-1587

ファクス:054-221-1108

お問い合わせフォーム