染物師 大橋俊之 印刷用ページ

最終更新日:
2021年5月18日

静岡市伝統工芸技術秀士
染物師 大橋 俊之(おおはし としゆき)
駿河和染
大橋 俊之 氏 大橋 俊之 氏
綿麻壁掛け 綿麻壁掛け
紅型壁掛け「花の列」藍 紅型壁掛け「花の列」藍
昭和29年生。
昭和51年、美術大学卒業と同時に父:隼雄氏に師事。家業である染物業(和染 城北工房)に従事する。以後一貫して染物師として活動を続けるかたわら、国画会工芸部での3回の入選をはじめ、各展示会で入選を果たす。
芹沢銈介(人間国宝、染色家)氏に薫陶を受けた父:隼雄氏の技術と作風を受け継ぎ、型染めの技法を追及するが、自身はデザイナーの目を持つ職人と語るように、インテリア性の高い製品づくりが特長。市場からの支持も厚い。
市内の伝統工芸の若手職人団体「するがクリエイティブ」に2代目代表として業界を振興(現在は脱会)。また地元大学の講師をはじめ、クラフトマンサポート制度にも尽力するなど後継者育成活動にも熱心に取り組んだ実績あり。

●住所/静岡市葵区北安東(和染 城北工房)
●静岡市伝統工芸技術秀士顕彰年度/平成28年度

駿河和染について
静岡市伝統工芸技術秀士について

 

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

経済局 商工部 産業政策課 地場産業係

所在地:駿河区曲金3-1-10

電話:054-281-2100

ファクス:054-284-3987

お問い合わせフォーム