静岡市伝統工芸技術秀士(丸山宗孝) 印刷用ページ

最終更新日:
2019年4月2日
静岡市伝統工芸技術秀士 張下駄師
 
丸山宗孝(まるやまむねたか)
  昭和35年、卒業と同時に父、兼吉氏に師事。家業である桐下駄焼加工業に従事する。父と共に桐の木目を生かす木目焼を開発し、地元業界を先導した。
 その後、天面に紙布を切り貼りする紙布張を施した張下駄に重点をおき、技術向上に精進し張下駄業界をリードした。
 氏は焼下駄から張下駄まで幅広く製作し、その作品は幾何学的なものから優美なものまで造形美に溢れ評価も高い。静岡木製はきもの新作品展や静岡伝統産業工芸展等での度重なる入賞歴がそれを雄弁に物語っている。
 地元の業界団体である静岡木製はきもの張加飾組合を長年にわたりリードし、平成18年、「駿河張下駄」を静岡県郷土工芸品指定へと漕ぎ着けた業績は顕著である。
 
住所/静岡市葵区土太夫町21番地の1
顕彰年度/平成24年度
匠および作品の写真はこちらをご覧ください!!

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

経済局 商工部 産業振興課 地場産業係

所在地:駿河区曲金3-1-10

電話:054-281-2100

ファクス:054-284-3987

お問い合わせフォーム