下水道受益者負担金のしくみ 印刷用ページ

最終更新日:
2019年4月1日
受益者負担金制度とは?(制度の目的)

 私たちが快適で衛生的な生活をおくるため、また豊かな自然環境を守るために、公共下水道の整備を推進しなければなりません。
 しかし、下水道の工事には長い年月と多額の建設費が必要となります。また下水道は、道路や公園など誰でも利用できる施設と異なり、整備された区域の人だけが利用できる施設です。
 受益者負担金制度は、このような下水道整備により利益を受ける区域の皆様に、土地の面積に応じて建設費用の一部を負担していただくものです。

負担金を納めていただく方 (受益者)は

 負担金を納めていただく方は、その土地の所有者です。ただし、その土地に賃借権・地上権等の権利をお持ちの方(権利者)がいる場合は、土地所有者と権利者で協議していただき、申告書に必要事項を記入・署名し、又は記名・押印し提出いただくことで納付者を申告していただきます。申告書は土地所有者にお送りします。申告書の提出がなされない場合には、そのまま土地所有者が納付者となります。また、賃貸住宅等の借家人の方は、納付義務者となりません。

下水道事業受益者負担金の詳細について

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

上下水道局 下水道部 下水道総務課 下水道接続推進係

所在地:上下水道局庁舎6階

電話:054-270-9206

ファクス:054-270-9216

お問い合わせフォーム