高齢者福祉施設等向けの救急おたすけガイドブックを作成しました 印刷用ページ

最終更新日:
2020年5月14日

はじめに

 近年、静岡市消防局管内の救急件数が増加しています。

 特に、高齢化に伴い65歳以上の高齢者の救急搬送が増えており、高齢者福祉施設等からの救急要請も増加傾向にあります。

 高齢者福祉施設等からの救急要請は、入所者の方の急病や施設内での転倒事故などによるものが多く、病気や怪我を未然に防げたかもしれない事例もあったと思います。

 そこで静岡市消防局では、施設内での病気や怪我の予防ポイントの紹介や、もしもの時の救急対応をスムーズに行うことができるよう、
「静岡市消防局 高齢者福祉施設等における救急おたすけガイドブック」
(以下、救急おたすけガイドブック)

を作成しました。

 施設職員の皆さまにぜひご覧になっていただき、施設利用者の方々が安心して元気に暮らせるように活用していただければと願います。

 
救急車は地域を守るセーフティーネット

救急件数の推移

 平成30年度の静岡市消防局内の救急搬送件数は42,363件でした。
 これは1日に116件、約12分に一回のペースで救急車が出動している計算になります。

 救急件数は増加傾向にあり、過去3年間で3,000件以上救急出動が増えています。
救急出動件数
                                              ※平成28年度以降消防広域化

 平成25年から平成30年にかけて、高齢者福祉施設等からの救急搬送件数が32.4%増加しています。
 今後、少子高齢化が進むにつれ、救急件数がより増加することが予想されます。
高齢者福祉施設からの搬送件数

救急おたすけガイドブックと情報シートの活用

 「救急おたすけガイドブック」には、「患者基本情報シート」「救急搬送時の情報提供シート」が掲載されています。
 救急要請をした場合には、これらのシートに患者様の情報を記入し、到着した救急隊員に提示していただければ、救急活動がスムーズに進みます。
 
 ぜひ、施設職員の皆さまに活用していただきたいと思いますので、よろしくお願い致します。



 

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

消防局 警防部 救急課

所在地:

電話:

お問い合わせフォーム