PPP/PFIに関すること 印刷用ページ

最終更新日:
2022年5月2日
 PFI(Private Finance Initiative)とは、公共施設の整備やサービスの提供にあたり、民間の資金や経営能力及び技術的能力を活用し、効率的かつ効果的に社会資本を整備し、市民に対して質の高い公共サービスを提供する事業手法のことです。

静岡市のPFI事業

事業名(施設名) 担当課 事業形態
事業形式
事業期間 VFM
南部学校給食センター
建替整備事業
(西島学校給食センター)
学校給食課 サービス購入型
BTO
平成21年3月13日~
平成37年3月31日

約4億6千万円
(7.03%)

清水駅東地区文化施設整備
及び維持管理・運営事業
(静岡市清水文化会館)
文化振興課 JV型
BTO
平成21年4月21日~
平成39年3月31日
約1億円
(2.01%)
北部学校給食センター
建替整備事業
(門屋学校給食センター)
学校給食課 サービス購入型
BTO
平成28年2月22日~
平成45年3月31日
約17.7億円
(19.7%)
 
 

静岡市PPP/PFI導入優先的検討指針に基づく評価結果

 「静岡市PPP/PFI導入優先的検討指針」に基づく事業担当部局における簡易評価において、PPP/PFI手法を採用しない場合は、導入に適さないと評価した場合は、PPP/PFI手法を導入しないこととした旨をホームページで公表することとしています。
 

蒲原小中一貫校校舎建設事業
 

担当部署 教育委員会教育施設課
事業目的 蒲原地区小中一貫校の整備
事業内容 蒲原地区の3校(蒲原西小、蒲原東小、蒲原中)の統合による小中一貫校の新校舎の建設
PPP/PFI手法を採用しない理由

定性評価について、類似の参考例がある標準的な学校施設の改築であり、サービスの質の向上における民間事業者の創意工夫を発揮する余地は限定的である。
また、定量評価について、PFI手法を採用した際の財政支出削減率は、算出されるものの、開校時期が、1年延期されることにより増加する維持管理経費が大きく、実質的に定量的な効果が生じないことが確認された。
これら定性評価、定量評価の結果から、PFIの適正はないものと判断した。

本ページに関連する情報

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

企画局 アセットマネジメント推進課 公民連携推進係

所在地:静岡庁舎新館9階

電話:054-221-1167

ファクス:054-221-1295

お問い合わせフォーム