犬の糞害対策にイエローチョーク作戦を! 印刷用ページ

最終更新日:
2020年4月1日

犬の糞にお困りの方、イエローチョーク作戦を行ってみませんか。

犬のフン放置でお困りの方に朗報です。
〇犬のフンを放置する人は、人目があると回収していきます。この取り組みは、「他人の目がある」「フンの放置は許さない」という地域の態度を飼い主に認識させ、心理に訴えかけ、飼い主のモラル向上を啓発することで、フンの放置をなくすというものです。
〇「イエローチョーク作戦」発祥の地「宇治市」では、地域住民が主体的に取り組む活動を市が支援し、少ない経費で効果を上げているという実績があります。
〇方法は簡単で、
 1 フンの周囲にチョークで〇を付け、日時を書く
 2 時間を変えて再度確認する
 3 フンがある時は、確認した時間を書く
 4 フンがない時は、確認時間と共に、なしと書く
 5 なしと書いた時間と、フンが新たに発見された時間の間で、
   フンの放置が発生してることになる(監視効果)
 6 これを繰り返すことにより、フン害が減少する
ご希望の方には、動物指導センターでチヨーク(2本)とやり方を書いたチラシを配布しています。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 保健衛生医療部 動物指導センター 動物管理係

所在地:葵区産女953

電話:054-278-6409

ファクス:054-278-2987

お問い合わせフォーム