静岡市産業振興プラン 印刷用ページ

最終更新日:
2020年4月13日

静岡市産業振興プランについて


■静岡市産業振興プラン
≪計画期間≫
 平成17~26年度(2005~2014年度)
≪概  要≫
 政令指定都市にふさわしい産業・経済の将来像を描きつつ、地域資源を最大限に生かした産業振興の基本的な方向を示すものとして、平成17年(2005年)3月に「静岡市産業振興プラン」を策定し、その振興に取り組んできました。
 計画期間中の平成21年3月には、策定時からの社会経済情勢の変化等に対応できるよう計画の見直しを行い、後期計画(計画期間:平成21~26年度(2009~2014年))を策定し、引き続きその振興に取り組んできました。

■第2次静岡市産業振興プラン
≪計画期間≫
 平成27~34年度(2015~2022年度)
≪概  要≫
 静岡市産業振興プランの計画期間の満了及び社会経済情勢の変化等に対応し、新たな産業振興の基本方向を定めるため、平成27年(2015年)3月「第2次静岡市産業振興プラン」を策定しました。
 第2次静岡市産業振興プランでは、第3次静岡市総合計画に掲げる人口70万人の維持に必要な「市内総生産額の増加」と「雇用の創出」を図るため、本市の産業が強みを生かしつつ、時代の要請にこたえる産業へと転換を促す施策を展開するとともに、幅広く中小企業・小規模企業を下支えする各種施策を打ち出していくこととしています。

 ●第2次静岡市産業振興プラン後期計画
 ≪計画期間≫
  平成31~34年度(2019~2022年度)
 ≪概  要≫
  第2次静岡市産業振興プランの計画期間の前半終了に合わせて、平成31年(2019年)3月に計画内容の見
 直しを行いました。
  後期計画では、人口70万人の維持に必要な「市内総生産額の増加」と「雇用の創出」という目標を踏襲しつ
 つ、社会経済情勢の変化 等を踏まえ、前期計画の「産業振興の3つの方向」(1 戦略産業の振興、2 産業振興
 プラットフォーム、3 人材の確保・育成)に「新たな視点」を盛り込むとともに、新たに「重点的な取組、持続的な
 成長に向けた取組」を設定し、策定することとしています。

第2次静岡市産業振興プラン 後期計画のポイント

第2次静岡市産業振興プラン 後期計画のポイント

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

経済局 商工部 産業政策課 企画係

所在地:清水庁舎5階

電話:054-354-2185

ファクス:054-354-2132

お問い合わせフォーム