静岡市伝統工芸技術秀士 (長谷川雅英) 印刷用ページ

最終更新日:
2019年4月2日

  

静岡市伝統工芸技術秀士 蒔絵師
長谷川雅英(はせがわまさひで)

昭和31年から、蒔絵師の父長谷川三郎氏に師事するとともに、一年間静岡県静岡公共職業補導所漆器科で蒔絵の基礎技術を学ぶ。卒業後は、職業訓練所や静岡市主催の伝統工芸技術保存講習会等で各種蒔絵技法を習得し、更に職業訓練指導員免許や一級漆器製造技能士の資格を取得するなど、積極的な技術習得は誰もが認めるところである。
氏の技術の特徴は、卵殻や青貝等を使った作品で芸術性も高く、日本伝統工芸会東海支部の東海伝統工芸展や、全国の漆芸家が目標とする日本伝統漆芸展等において幾度となく入選を果たしその腕の確かさを証明している。静岡県蒔絵工業協同組合では昭和57年度から理事を務め、平成13年度から副理事長として組合運営に尽力している。

●住所/静岡市葵区中村町16番地の1
●顕彰年度/平成17年度
匠および作品の写真はこちらをご覧ください!!

 

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

経済局 商工部 産業振興課 地場産業係

所在地:駿河区曲金3-1-10

電話:054-281-2100

ファクス:054-284-3987

お問い合わせフォーム