指物師 海野義廣 印刷用ページ

最終更新日:
2021年5月17日

静岡市伝統工芸技術秀士
指物師 海野 義廣(うんの よしひろ)
駿河指物
海野 義廣 氏 海野 義廣 氏
欅花台 欅花台
大正15年、静岡市葵区安西に生まれる。
13才の頃より指物師・大石藤吉氏に師事し、20才の時に一年間大工の修行をする。この時に覚えた、ホゾの仕口技法が現在の「隠し送り蟻ホゾ」の基礎となる。以来、木工指物製造に従事し、その卓越した技能と幾多の研究改善により品質向上に貢献。
「隠し送り蟻ホゾ」の技法は、釘や接着剤を使用しない為、仕上がりが美しく、かつ堅牢である。

●住所/静岡市駿河区下川原三丁目(海野木工)
●静岡市伝統工芸技術秀士顕彰年度/昭和59年度

駿河指物について
静岡市伝統工芸技術秀士について

 

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

経済局 商工部 産業政策課 地場産業係

所在地:駿河区曲金3-1-10

電話:054-281-2100

ファクス:054-284-3987

お問い合わせフォーム