PFAS調査の結果及び今後の対応について 印刷用ページ

最終更新日:
2024年2月9日

基本方針

有機フッ素化合物のうち、ペルフルオロアルキル化合物及びポリフルオロアルキル化合物を総称して「PFAS」と呼び、1万種類以上の物質があるとされています。

PFASに関する健康被害(影響)については、国による知見の集積に努めている段階であり、現時点での因果関係は明らかになっていません。

ペルフルオロオクタンスルホン酸PFOS)及びペルフルオロオクタン酸(PFOA)については、引き続き知見の集積に努める物質として、令和2年5月に環境基本法の水質に関する要監視項目に指定されました。

その暫定指針値は0.00005ミリグラム/リットル(50ナノグラム/リットル)です。
また、現在のところ国内では、工場及び事業場からの排水に対する規制値はありません。

しかし、静岡市内において、清水区三保にある工場から高いPFAS濃度が検出されたことにより、自身の健康や生活への影響について不安に思われる市民の声が届いています。

このような状況を踏まえ、静岡市としては、住民の不安に寄り添い、透明性を確保しながら、適切な調査や情報発信を行ってまいります。このため、河川や地下水等のPFASの測定を行っており、その結果を公表します。
また、国及び県と相談し、適切な対策を検討するなどにより、市民生活や事業等への影響や不安の解消に努めます。

健康への影響等については、下記環境省ホームページ「PFOS、PFOAに関するQ&A集」が参考になります。

静岡市PFAS相談窓口について

○PFASに係る相談窓口を設置しました。

054-221-1359 (土曜、日曜及び祝休日を除く9時00分から17時00分まで)

○その他の相談について (土曜、日曜及び祝休日を除く9時00分から17時00分まで)
・市の上水道への接続工事の申込みに関するご相談について(清水区)
なお、市の上水道への接続工事は自己負担となります。
  
上下水道局水道部水道事務所 給水装置係:054-354-2745
 

調査希望に応じた井戸地下水の調査について

【現在受付を停止しています。下記の調査対象の方でご心配な方は、申込連絡先までご連絡ください。】

清水区の調査対象地区にある井戸の井戸水を飲用利用されている方で、ご希望の方を対象に、市がPFASの調査を実施します。詳細は以下のとおりです。

【調査対象地区】
清水区三保地区
清水区折戸地区
清水区駒越地区
清水区不二見地区の一部(常念川より南側)
(村松原一丁目、村松原二丁目、村松原三丁目、村松一丁目、村松、新緑町、宮加三、緑が丘町、日立町、上力町、向田町、沼田町、南矢部の一部)

【調査項目】
ペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)及びペルフルオロオクタン酸(PFOA)

【注意事項】
現在、井戸水を飲用されている方のみが対象です。
・調査時の井戸水の採取は市職員が行います。井戸の場所などを確認するため、調査時には立ち合いへのご協力をお願いします。
・調査の詳細な日時は別途調整させていただきます。ご希望に沿えない場合がありますが、ご了承ください。
・分析結果が判明するまでには1か月程度お時間を要します。

【申込連絡先】
054-221-1359(静岡市PFAS相談窓口)

PFAS調査結果

河川等調査結果

令和5年10月10日から11日にかけて、市内5河川及び当該工場周辺水路1地点の計6か所で、PFAS濃度の調査を実施しました。その結果は「市内5河川及びPFAS使用事業場周辺水路における調査の概要と結果」のとおりです。

周辺地下水調査結果

令和5年10月17日から20日にかけて、当該工場周辺の個人所有の井戸5か所における地下水のPFAS濃度の調査を実施しました。その結果は「PFAS使用事業場周辺井戸における地下水調査の概要と結果」のとおりです。

毎日調査結果(~令和5年12月28日)

市内5河川及び当該工場周辺水路1地点の計6か所並びに当該工場周辺井戸(個人所有)5か所でPFAS濃度の調査を実施した結果、当該工場周辺水路及び周辺井戸4か所で暫定目標値(50ng/L)を超えるPFASが検出されました。これらの結果を踏まえ、当該工場周辺水路及び水路から海域への流出部、並びに周辺井戸2か所で毎日PFAS濃度の調査を実施することにしました。また、当該水路に配水している三保雨水ポンプ場からもPFASが検出されたことをうけ、三保雨水ポンプ場内でも調査を実施しています。調査結果(速報値)が判明しましたので公表します。

三保・折戸・駒越地区地下水調査結果

PFASの地下水への影響範囲を調べるために、令和5年11月15日に調査範囲を折戸・駒越地区にまで広げて追加調査を行いました。その結果は「清水区三保・折戸・駒越地区における地下水調査の概要と結果」のとおりです。

清水区内地下水調査結果

折戸地区及び駒越地区の地下水から暫定目標値を超えるPFASが検出されたことから、更に調査範囲を広げ、令和5年12月15日から清水区内の5地区で地下水のPFAS調査を実施しました。その結果は「清水区内の地下水におけるPFAS調査の概要と結果」のとおりです。

海域(清水港内)調査結果

PFASの海域への影響を確認するために、清水港湾内の海域4か所で海水のPFAS調査を実施しました。その結果は「海域(清水港内)におけるPFAS調査の概要と結果」のとおりです。

定期モニタリング調査結果(令和6年1月~)

令和5年10月から12月まで実施した毎日調査の結果を踏まえ、調査地点等を見直して、令和6年1月から定期モニタリング調査を実施しています。調査結果(速報値を含む)が判明しましたので公表するとともに、継続的に調査結果を公表します。

PFASに係る三者連絡会

三井・ケマーズフロロプロダクツ株式会社、三保地区連合自治会及び静岡市は本件の対応についての三者連絡会を設立しました。詳しくは次のページをご覧ください。

PFASに係る市長説明等

過去の市長説明等について、次のページにまとめています。

参考

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

環境局 環境保全課 水質係

所在地:静岡庁舎新館13階

電話:054-221-1359

ファックス:054-221-1186

お問い合わせフォーム