「令和2年度静岡市要介護度改善評価事業」実施報告 印刷用ページ

最終更新日:
2021年3月18日

1.開催趣旨

市内介護事業所から、要介護度の改善につながる創意工夫のある効果的な取り組みを募集し、優秀な事例について表彰し、要介護状態の軽減・重度化防止にかかる好事例を広く公表することで、介護保険サービスの質の向上や介護職員の意欲向上を図る。

2.審査の流れ

【1次審査】

要介護度の維持・改善率が0.7以上の市内介護事業所が7事業所応募し、上位5事業所が2次審査に進んだ。

【2次審査】

上位5事業所の取り組み内容について審査員5名による書類審査により順位が決定した。


【審査員】

・冨安眞理(静岡県立大学看護学部教授、静岡市介護保険専門分科会会長)

・池上和枝(清水介護家族の会会長)

・繁田昌宏(静岡市介護保険課課長)

・山下典子(静岡市地域包括ケア推進本部参事兼次長補佐兼係長)

・澤井美佳(静岡市地域リハビリテーション推進センター副主幹)

3.表彰・事例紹介

最優秀賞 ハートフルホーム小鹿公園前(認知症対応型共同生活介護)(PDF1MB)

優秀賞  あすなろの家指定通所介護事業所(通所介護)(PDF22MB)

優良賞  訪問看護ステーション駿河(訪問看護)

奨励賞  生活リハビリ御門台(通所介護)(PDF3MB)

奨励賞  ハートライフ小鹿公園前(特定施設入居者生活介護)


その他ご応募いただいた2事業所(要介護度の維持・改善率が0.7以上)

・ハートフルホーム城北(地域密着型通所介護)

・生活リハビリ静岡中央デイサービスセンター(通所介護)


※事例については現在作成中

4.参考資料

5.2次審査の評価ポイント

【最優秀賞:ハートフルホーム小鹿公園前】

利用者に、ゴミ出しや調理等、できることに積極的に参加してもらうことで、利用者の介護度の重度化を防いでいる。また利用者に毎日日記をつけてもらうことで、脳の活性化を促すとともに、日記の内容を職員も共有し、利用者の小さな変化も把握できるようにしている。

【優秀賞:あすなろの家指定通所介護事業所】

「SHIGOTO(シゴト)」という名称で、調理や園芸等の活動メニューを用意し、利用者が自分で選択した活動を実施することで、楽しみながら報酬(※事業所内でのみ利用可能なもの)を得るという、独自性のある取組を実施している。

【優良賞:訪問看護ステーション駿河】

地域の他事業所(訪問介護、デイサービス等)において、当該事業所のリハ職が機能訓練や介護の方法について、アドバイスをする等、切れ目無く、利用者の状態等に応じた改善に努めている。

表彰式の様子

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 健康福祉部 介護保険課 総務係

所在地:静岡庁舎新館14階

電話:054-221-1202

ファクス:054-221-1298

お問い合わせフォーム