市民カメラマンレポート令和3年2月号-1【春の足音】ほか 印刷用ページ

最終更新日:
2021年2月26日

春の足音

 4月上旬の暖かさになった2/7(日)、駿府城公園では桜と梅が見ごろを迎えました。公園内の寒桜は終盤、伊東小室桜は3~4分咲き、梅は5分咲き程です。
 公園内の寒桜や白梅・赤梅には、メジロや蜂が蜜を求め飛び交っており、暖かさに誘われて訪れた家族連れは「これきれい」「かわいい」「つぼみも良いね」など話しながら散策していました。
 暖かかったこの日は、子どもたちが花の下で遊んでいる光景が見られました。
 殺風景な冬の景色の中に咲く花は、暖かさを感じさせてくれ、春の足音が聞こえてくるようでした。(2/7撮影)

令和2年度市民カメラマン 田中 浩

 
公園内の赤や白の梅の花が咲いている
梅の木の枝に赤や白の花がたくさん咲いている
家族連れがきれいに咲いた花を眺めている
黄緑色のメジロが桜の木の枝にとまっている

麻機遊水地付近にハクチョウが来た

 2/11(祝)の16:30頃、麻機遊水地付近で4羽の白鳥が泳ぐ姿を見る事が出来ました。
 かなり遠かったので、私のカメラには限界がありました。写真をアップにして確認しましたが、くちばしの黒と黄色の模様からはコハクチョウかオオハクチョウかの区別はつきませんでした。 
 北に帰る途中なんでしょうか?または、東北地方の大雪の影響で餌を求めて南下して来たのか分かりませんが、当分の間、居てほしいですね(2/11撮影)


令和2年度市民カメラマン 田中 浩

麻機遊水地の中を4羽の白鳥が泳いでいる
白鳥が泳いだ後に波紋ができている
黄色と黒色のくちばしのある白鳥
水面を泳ぐ2羽の白鳥

由比八千代桜が今年も満開で迎えてくれました

 畑地帯総合整備事業で整備された、清水区由比八千代地区のほ場にある河津桜約450本が、2/19(金)から21(日)の間、満開になり、訪れた人々の目を楽しませてくれました。
 陽気な日和で、駿河湾を見下ろす一帯の桜は濃いピンクに彩られ、メジロやヒヨドリの声もたくさん聴かれました。 「うわーきれいだね」の歓声もあちこちで聞かれました。また、皆さん盛んに桜をバックに記念写真を撮ったりして春の一日を楽しんでいました。

 令和2年度市民カメラマン 望月 敏秀
眼下に濃いピンク色に彩られた桜と駿河湾が広がっている
桜のトンネルの中で家族連れが写真を撮っている
二人組が満開の桜を下から見上げている
満開の桜の枝にメジロがとまっている

浜川沿いの河津桜見ごろ

 駿河区を流れる浜川沿いに咲く10本の河津桜が見頃を迎えました。
 ここは地元の人が20年程前に植え、以来地元の人たちがお世話しているものです。樹高は4メートルを越え、特有の淡いピンクの花をたくさん付けています。
 この所の暖かさで開花が進み、この日も近くの保育園の園児をはじめ多くの人が訪れ、見入ったり写真に収めたりしていました。 (2/19撮影)

令和2年度市民カメラマン 田中 浩
保育園の園児が見ごろを迎えた河津桜を眺めている
ピンク色の桜の下に黄色い菜の花が咲いている
ピンク色の花が咲いた河津桜の枝にメジロがとまっている
満開を迎えた河津桜の枝にはたくさんの花が咲いている

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

市長公室 広報課 広報紙係

所在地:静岡庁舎新館8階

電話:054-221-1021

ファクス:054-252-2675

お問い合わせフォーム