還付・充当に関するよくあるご質問一覧 印刷用ページ

最終更新日:
2018年6月19日
 国保料の還付・充当に関して、お問い合わせの多いご質問を一覧にまとめました。
 皆様のご質問の解決に役立てていただければ幸いです。

還付請求の手続きについて

Q1.還付通知書が届きました。還付が発生した理由を教えて下さい。

A1. 皆様に納付いただいた国保料の中で、過誤納金が生じた場合に、還付手続きをお知らせしています。
     
    過誤納金は過納金と誤納金の2種類に分かれます。

   ・過納金(還付理由に更正と表示されます)
    本来払うべき国保料額が、納付後の更正(変更)により、減額された場合に生じます。
    国保料額の更正があった場合は、世帯主あてに決定(更正)通知書兼納付通知書をお送りしています。
   ※国保料の主な減額理由
   ➡世帯員が国保から後期高齢者医療制度に移行したことで、国保加入者が1人になった。

   ・誤納金(還付理由に誤納と表示されます)
    国保料を誤って2回納付した場合など、払うべき国保料を超えて納付があった場合に生じます。
 

Q2.還付請求をするためには、どのような手続きが必要ですか?

A2. 国保料を口座振替で納めている場合は、手続き不要です。
    ご登録いただいた口座へ過誤納金を振り込みます。    

    国保料を納付書で納めている場合は、お送りした「請求書兼口座振込依頼書」に、お持ちの
  金融機関口座を記入の上、福祉債権収納対策課 収納企画係まで返送して下さい。
   「請求書兼口座振込依頼書」が静岡市へ到着した日から概ね1カ月程度でご指定の金融機関
  口座に過誤納金を振り込みます。

Q3.還付通知書の宛先が加入者ではなく世帯主あてなのはどうしてですか?

A3. 世帯主本人が国保に加入していなくても、家族に国保加入者がいれば、 世帯主が国保料の
      納付義務者となりますので、世帯主あてお送りしています。

Q4.還付通知書を世帯主以外の名義で出してもらうことは可能ですか?

A4.  過誤納金は納付いただいた国保料から生じたものですので、納付義務のある世帯主以外の
   名義でお送りすることは出来ません。

Q5.世帯主以外の口座へ振込を希望する場合、委任状の記載は必要ですか?

A5.    過誤納金は本来納付義務者である世帯主に還付するものですので、委任状欄に世帯主から
   対象者に過誤納金の受領を委任する旨記載してください。

Q6.金融機関等で還付請求の手続きは可能ですか?

A6. 金融機関等でのお手続きはできません。
    「請求書兼口座振込依頼書」に必要事項を記入し、静岡市あてに請求手続きを行ってください。

Q7.過誤納金を現金で受け取ることは可能ですか?

A7.  窓口での現金還付は原則受け付けておりません。世帯主が海外へ転出する場合など
   至急還付が必要な場合に限ります。
 

過誤納金の振込手続きについて

Q1.「請求書兼口座振込依頼書」を郵送しました。過誤納金はいつ振込まれますか?

A1.    過誤納金のお振込には、「請求書兼口座振込依頼書」が静岡市に到着してから、概ね1カ月程度
   かかります。
           振込手続きが完了しましたら、世帯主あて振込日を記載した口座振込済通知書をお送りします。

        ※    毎年3月と5月は、決算処理に伴い、一時的に振込手続が停止する期間があります。
                その期間内に「請求書兼口座振込依頼書」が到着した場合、振込まで概ね2カ月程度
     かかりますので、ご了承ください。
 

Q2.過誤納金の振込が確認できません。どうしてですか?

A2.    口座振込済済通知書が世帯主あてに届いていれば、振込手続は完了しています。
           通知書が届いたのに、振込を確認できない場合は、確認した口座と指定した振込先口座が異なる
   可能性がありますので、他の金融機関口座も確認してください。
 

Q3.指定した口座を忘れてしまいました。振込先の口座を教えて下さい。

A3.  個人情報保護のため、電話口で振込先口座をお教えすることは出来ません。    
          控えをとるなど、過誤納金の振込が確認できるまで、口座情報を忘れないように して下さい。

還付充当通知書について

Q1 還付充当通知書が届きました。通知の意味を教えてください。

A1  過誤納金が生じた時点で、納付期限を過ぎても納めていただいていない国保料(未納分)
   がある場合、法律でその未納額に充てなければならないと定められています。
    充当処理を行った場合は、対象の方全員に「過誤納金を未納額に充てた」旨をお知らせ
   しています。
      

Q2 充当後の未納額がマイナスになっています。どうしてですか?

A2  過誤納金が納付期限を過ぎた保険料(未納分)を上回った場合、その差額分はマイナスで表示されます。
    差額分に関しては、後日、還付通知書をお送りします。

Q3 すでに国保料を納めた期別に充当されています。どうしてですか?

A3    充当処理を行う場合は、通常、充当する国保料(未納分)の期別を決めてから、実際に充当される
   まで概ね3~4週間程度時間を要します。
    そのため、充当先の国保料(未納分)を自主納付しても、システム上すぐに納付の反映がされず、
   重複して充当をしてしまう場合があります。
    結果として払い過ぎとなった国保料は、過誤納金になりますので、後日還付通知書をお送りします。

Q4 還付充当通知書を送らないようにしてもらうことはできますか?

A4  充当処理を行った場合は、法律の規定により納付義務者である世帯主にその旨を通知する
  必要があります。
     そのため、「不要だから」という理由で、還付充当通知書の発送を止めることはできません。

Q5 過誤納金が生じた場合、まだ納付期限が到来していない国保料に充当してもらうことは可能ですか?

A5  本市では、いまだ納付期限が到来していない国保料への充当処理を行っておりません。  
     過誤納金が生じた場合は、還付通知書をお送りしますので、還付請求の手続きをお願いします。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 健康福祉部 福祉債権収納対策課 収納企画係

所在地:静岡庁舎新館12階

電話:054-221-1540

ファクス:054-221-1753

お問い合わせフォーム