新型コロナウイルス感染症に係る市主催イベント等の開催に関する基本方針ついて 印刷用ページ

最終更新日:
2020年5月27日
 国が5月14 日に変更した新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針において、全国的かつ大規模な催物等の開催については、リスクへの対応が整わない場合は中止又は延期するよう、主催者に慎重な対応を求めることとされました。
 また、静岡県が5月15 日に示した静岡県実施方針においても、同様の方針が示されたところです。
 これを受け、本市としては、本市が主催するイベント等の開催については、4月21 日付けの基本方針を改め、特定警戒都道府県とされる8都道府県の緊急事態措置を実施すべき期限まで、下記のとおり取り扱うこととします。

静岡市の対応

イベント対応方針

1 市主催のイベント等について

(1)全国的かつ大規模な催物等の開催については、リスクへの対応が整わない場合は中止又は延期するよう、慎重に対応することとします。
 イベントの開催の可否を判断するにあたっては、令和2年5月14 日付内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室長事務連絡「緊急事態措置を実施すべき区域の変更等に伴う都道府県の対応について」に従い、
 (1) 屋内であれば100 人以下、かつ収容定員の半分以下の参加人数にすることとします。
 (2) 屋外であれば200 人以下、かつ人と人との距離を十分に確保できることとします。(できるだけ2メートル)
を目安としつつ、適切な感染防止策(入場時の制限や誘導、待合場所等における密集の回避、手指の消毒、マスクの着用、室内の換気等)が実施されることを前提に、開催することとします。

 また、イベントの前後や休憩時間などの交流の場で感染拡大のリスクを高める可能性があることを踏まえ参加者に対し、こうした交流等を控えることを呼びかけることとします。

 なお、上記の人数に満たないイベントであっても、イベントの形態や場所によってリスクが異なることには十分に留意することとします。例えば、密閉された空間において大声での発声、歌唱や声援、又は近接した距離での会話等が想定されるようなイベント等に関しては、上記の人数や収容率の目安に関わらず、開催にあたってより慎重に検討することとします。

 さらに、参加者の名簿を作成して、連絡先等を把握しておくことや、導入が検討されているスマホを活用した接触確認を行うなど、接触率の低減や感染の拡大防止に寄与すること等を周知することとします。

(2)(1)以外の大規模イベントについても、上記(1)を準用するとともに、比較的少人数により開催されるイベント等については、こまめな手洗い・消毒と咳エチケットの徹底、あるいは、共用品を使う際の消毒を徹底すること、さらに、体調不良の方の参加自粛を呼びかけるなど、「イベント等における感染対策のあり方の例(静岡市版)」
(別添)を参考とし、感染防止の対策を徹底することとします。


2 市が共催する又は実行委員会に参画するイベント等や、指定管理者が行う事業については、市の方針に準じて対応するよう関係者に要請していきます。


 なお、上記の方針については、状況に応じて随時見直しを行うこととします。




 ★情報が確定次第、下記イベント一覧表を随時更新しています。

 

静岡市新型コロナウイルス感染症に係る危機対策本部会議

市民の皆様へ

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

総務局 危機管理総室 危機管理課 総務係

所在地:静岡庁舎新館3階

電話:054-221-1012

ファクス:054-251-5783

お問い合わせフォーム