入浴着を着用しての入浴にご理解をお願いします 印刷用ページ

最終更新日:
2023年2月16日
厚生労働省より、以下の通り周知がありました。公衆浴場等において、手術などの傷跡が人目に触れぬよう「入浴着」を着用した人へのご理解をお願いします。

公衆浴場等における入浴着を着用した入浴への理解の促進について(厚生労働省).pdf
入浴着理解促進ポスター


「入浴着」を着用しての入浴にご理解をお願いします

乳がんの手術などの傷跡が人目に触れないよう、専用の「入浴着」を着用して入浴を希望される方が増えています。このような方々も気兼ねなく入浴いただけるよう、皆様のご理解、ご配慮をお願いします。
 
「入浴着」とは?
乳がん手術など傷跡が残る手術を受けられた方が、他の方の視線を気にすることなく入浴を楽しめるように、専用に開発・製造された入浴用肌着です。
 
衛生面について
入浴着」を入浴直前に着用し、浴槽に入る前に付着した石けん成分をよく洗い流すなど、清潔な状態でを使用される場合は、衛生管理上の問題ないと判断されています。

ユニバーサル観光の推進について(総務省、厚生労働省、国土交通省)通知(PDF:58KB)
観光連携コンソーシアムとりまとめ(抜粋)(PDF:34KB)
 

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 保健所 生活衛生課 生活衛生係

所在地:葵区城東町24-1 城東保健福祉エリア 保健所棟2階

電話:054-249-3155・054-249-3156

ファクス:054-209-0540

お問い合わせフォーム

入浴着を着用しての入浴にご理解をお願いします