性の多様性に関する取組 印刷用ページ

最終更新日:
2020年3月16日

 性のあり方は、誰もが持っているもので、セクシュアリティとも呼ばれ、主に4つの要素があります。
 各要素は様々で、また組合せも様々なので、一人ひとりの性のあり方は多様で、その広がりは虹のようにグラデーションであると表現されます。

 性のあり方は個人の人格の一部で、他者から強制されたり奪われたりするものではありません。
また、他人のセクシュアリティを決めつけることもいけません。

性の多様性の基礎知識を学びたい方へ
 ・
静岡市女性会館主催事業「宅コスして真面目に学ぶ多様な性のコト」を開催します(2020年9月5日)。
 ・性の多様性啓発パンフレット「にじいろBOOKしずおか」を発行しました(2020年3月13日)。(28.7MB) 
 ・性の多様性啓発講演会を実施し、動画配信しました(2020年3月15日)。詳しくはこちらへ。
 ・性の多様性啓発座談会を実施し、記事を掲載しました(2020年6月24日)。詳しくはこちらへ。

性を構成する要素

 性のあり方(セクシュアリティ)は、主に以下の4つの要素で成り立っています。

(1)生物学的な性(からだの性)
 生物学的には、性染色体、性腺、内性器、外性器など、いくつかの要素があります。出生後、主に医師が性別を判断しますが、様々な要素があるため診断は簡単ではないと言われています。

(2)性自認(こころの性)
 自分をどのような性別と捉えるかという内的な感じ方を性自認と言います。生物学的な性が男性(女性)で自らを女性(男性)として認識している場合(トランスジェンダー)や、女性でも男性でもあると認識している場合、女性でも男性でもないと認識している場合などがあり、多数派の生物学的な性と一致する認識(シスジェンダー)も性自認の一つです。
 生まれたときに割り当てられた性別に違和感を持ったとしても、戸籍の性別変更や医療を必要とするかどうかは人それぞれです。

(3)性的指向(好きになる性)
 好きになる感情がどの性別に向いているかを性的指向と言います。同性を好きになる場合(レズビアンやゲイ)、女性・男性両方を好きになる場合(バイセクシュアル)、どちらも好きにならない場合(アセクシュアル/エイセクシュアル)などがあり、多数派の異性を好きになる場合(ヘテロセクシュアル)も性的指向の一つです。 
 性的指向は、単なる好みを表す「性的嗜好」とは意味が異なります。

(4)性表現(表現する性)
 言葉遣い・服装・振る舞いなど、自分らしさが社会からどのような性別と捉えられているのかを「性表現」と言います。
 性自認と混同されがちですが、性自認が女性だとしても、性表現が女性だとは限りません。
(自分の性別を女性と思っているからといって、例えばスカートをはきたいかどうかは本人が決めることです。)

LGBTQとは

 LGBTは性的少数者の総称で、一つの単語として使われることが多いですが、今日ではLGBTQと使うこともあります。6色の虹は、性的少数者の誇りとして使用されます。




L … レズビアン(性自認が女性で、好きになる対象が女性の人)

G … ゲイ(性自認が男性で、好きになる対象が男性の人)

B … バイセクシュアル(好きになる対象が男性・女性両方の人)

T … トランスジェンダー(生まれた時に割り当てられた性別に縛られずに生きたいと望む人)

Q … クエスチョニング(性自認や性的指向が明確でない人)

 LGBは性的指向におけるマイノリティを指し、Tは性自認におけるマイノリティを指すため、全く違う概念が一つの言葉になっています。

 上記以外に、パンセクシュアル(全てのセクシュアリティを好きになる人)やアセクシュアル(いずれのセクシュアリティも好きにならない人)など、性のあり方は多様であるため、一概に定義することはできません。

 このように、分類することは理解を深め、困難を抱える当事者たちの支援に必要な場合がありますが、本人が自身の「性のあり方」についてどう感じているかが大切で、一人ひとりの「性のあり方」を尊重することが重要です。

SOGI(ソジ・ソギ)とは

 「性的少数者」という一部の人の話と捉えるのではなく、性的指向や性自認と言う、いわば血液型のように誰もが持っているセクシュアリティの違いによる差別をなくそうという「SOGI(ソジ・ソギ)」という考え方が広がっています。

 SOGIとは性的指向(Sexual Orientation)及び性自認(Gender Identification)の頭文字で、2006年ジョグジャカルタ原則が採択されてから、国連の諸機関で広く用いられている概念です。

 SOGIは世界中の誰もが持つ性のあり方なので、LGBTQに限らず、あらゆる形の性的指向や性自認のあり方が人権の視点から守られることに繋がります。

性の多様性や性的少数者を学ぶ

◎市政出前講座
 
市民の皆さんのご希望に応じて、市の職員が地域に出向き、講座を開催します。
 講師料は無料です。ぜひ、お気軽にご利用ください。詳細はこちら

 (対象講座)No.37 多様な性をもっと身近に~性の多様性とLGBTQ~

◎啓発及び理解促進
 静岡市では、性の多様性をはじめ男女共同参画に関する様々な啓発を行っています。

 ・性の多様性啓発座談会(令和2年3月15日開催)
 ・性の多様性啓発講演会(令和2年3月15日開催)
 ・性の多様性啓発パンフレット「にじいろBOOKしずおか」(令和2年3月13日発行)(28.7MB)
 ・静岡市男女共同参画情報誌パザパ28号(平成29年3月発行)「LGBTって何!?」 ※ 裏表紙掲載
 ・静岡市みんなの悩み相談(令和元年7月発行)

<女性会館>
 静岡市女性会館において、性の多様性及びLGBTQに関する講座を毎年実施しています。

 ・「宅コスして真面目に学ぶ多様な性のコト」(令和2年9月5日)募集中 NEW!
 ・「YouTubeに乗せて伝えたい!LGBTQ+のこと」(令和元年12月開催)※終了
 ・「LGBT多様な性と子どもたち」(平成30年12月開催)※終了
 ・「映画好き・本好きと語るLGBT作品@スノドカフェ」(平成30年3月開催)※終了
  ※各講座のチラシがダウンロードできます。

◎市民意識調査
 第3次静岡市男女共同参画行動計画の見直しにあたり、男女共同参画施策の基礎資料とするため、市民意識調査を実施しました。

 ・男女共同参画に関する市民意識調査(平成30年5月実施)

LGBTQなど性的少数者に関する取組

 性の多様性に関する無理解から、LGBTQなど性的少数者への差別や偏見があるため、当事者やその家族のみなさんが悩みや気持ちを共有できるよう、交流会と電話相談を平成31年(2019年)4月から開始しました(詳しくは、下のリンクからご確認ください)。

◎にじいろカフェ(静岡市性的少数者居場所づくり事業)

当事者やそのご家族の方が、気軽にお茶しながらおしゃべりできる交流会です。

 日 程 原則、毎月第4日曜日
 時 間 原則、13:30~16:00
 場 所 静岡市女性会館(静岡市葵区東草深3-18)
 運 営 特定非営利活動法人しずおかLGBTQ+






アイセルにじいろ相談(静岡市女性会館)

自分のセクシュアリティや性別の違和感について悩んでいる方、そのご家族や周囲の方から個別の相談に応じます。

 日 程 毎月第2土曜日
 時 間 14:00~17:00

 054-248-2216(にじいろ)

専門の研修を受けた相談員が相談にのります。

匿名OK。相談無料。秘密厳守。
 

市職員の理解促進(ガイドライン)

◎職員研修
 性の多様性に関する職員の理解を深めるために、定期的に研修を行っています。



◎性の多様性と性的少数者を学び、行動するための静岡市職員ガイドライン
 職員が性の多様性及び性的少数者を理解し、どのような対応が職員に求められているかを考え、行動するためのガイドラインを令和元年(2020年)7月に策定しました。

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

市民局 男女共同参画課 男女共同参画係

所在地:静岡庁舎新館15階

電話:054-221-1349

ファクス:054-221-1782

お問い合わせフォーム