駿河漆器 印刷用ページ

最終更新日:
2021年3月23日
駿河漆器

起こり

拭漆 うつわ 拭漆 うつわ

 静岡では、漆器が古くから親しまれていたようで、登呂遺跡からは、漆が塗られた琴などが出土しています。
 今川時代にも、中川大工と呼ばれる職人集団が漆塗りの椀などを生産していましたが、定着の大きな要因は、江戸時代、静岡浅間神社造営等の際に全国から優秀な漆塗職人が静岡に集まり、技術を教え広めたことです。駿府の漆芸品は、江戸幕府の商業政策のもとで保護奨励を受け、参勤交代の土産として全国に知れ渡りました。

海外進出

駿河漆器と洋食 駿河漆器と洋食

 江戸時代末以降、駿河漆器は、海外でも人気を博しました。
 慶応3年(1867年)にパリで開かれた万国博覧会には、日本を代表する物産として、静岡から漆塗りのタンスが出品されました。明治6年(1873年)のウィーン万博では、寄席木細工の漆器が静岡から出品され、賞に輝きました。万博での入賞を契機に、海外から注文が殺到し、駿河漆器はヨーロッパ各国に広がりました。

時代の移ろい

工房の様子 工房の様子

 1900年頃には、蒔絵付きの製品が海外受けし、全国の輸出漆器の大半を駿河漆器が占めていました。
 ところが次第に、粗製乱造によって評判を落とし、さらに第一次世界大戦で対欧貿易が途絶え、多くの駿河漆器職人は廃業し、駿河塗下駄や駿河雛具へ転職していきました。
 しかし、一部の職人は、品質向上、名声維持のため努力を続け、終戦後の昭和34年(1959年)には、静岡漆器協同組合(現在の静岡漆器工業協同組合)を組織し、結束して駿河漆器を支えてきました。

 →駿河漆器の詳しい歴史について(PDF)

現在の駿河漆器

駿河漆器のワイングラス 駿河漆器のワイングラス

 現在、駿河漆器は、静岡県郷土工芸品に認定されています。また、平成19年には、静岡漆器工業協同組合の申請により「駿河漆器」が、地域団体商標に登録されました。指定商品は、静岡で漆塗りを施した椀、盆、箸、筆箱などで、静岡市初の地域ブランドとなりました。
 組合は、「伝統の技と心を守り育てながら、現代に生かす」という意味を込めて「不易流行」をコンセプトに、日々精進しています。

 →駿河漆器パンフレット「不易流行」(PDF)

変わり塗りの開発

磯谷利三二の肖像画 磯谷利三二の肖像画

 駿河漆器の特徴は「変わり塗り(かわりぬり)」です。基本的な漆塗技術を応用させ、様々な材料や技法を使った漆器が作られています。静岡は気温や湿度が漆塗りに適しており、高い技術を持った職人が多かったことが、応用技である変わり塗りを可能にしました。デザインや触り心地にも、独特の美しさがあります。
 静岡の変わり塗りの開発者は、磯谷利三二(天保13年~明治37年)です。利三二は刀剣の研師でしたが、廃刀令により職を失い、漆器商に転業しました。刀剣の鞘に用いる塗り方を応用し、一風変わった塗り技術で漆器を作ったと言われています。
 利三二が開発した変わり塗りは、各地の共進会、万国博覧会などで受賞し、国内外から高評価を受けます。後に、静岡漆器工業社を設立し、駿河漆器の品質維持、技術向上に貢献しました。

 →磯谷利三二について(PDF)

変わり塗りの発展

変わり塗り(珊瑚塗)の菓子器 変わり塗り(珊瑚塗)の菓子器

 明治から大正にかけて、五味坂某による錫梨子地塗(すずなしじぬり)、鳥羽清一による金剛石目塗(こんごういしめぬり)など、熟練した職人による変わり塗りの開発が行われ、時代の移ろいと共に新しいデザインが生み出されました。
 特に、静岡県工業試験場では、染箔塗、羽衣塗、硬化彩漆法、浮島塗、蜻蛉塗、紅輝塗、など多くの変わり塗りが開発されました。多種多様な技法は、漆器はもとより、家具、仏具、建物などにも応用されています。

変わり塗りについて(PDF)

静岡の名工

新井吉雄 氏 新井吉雄 氏

 静岡市では、伝統工芸の職人として優秀な技術を有し、産業の発展と技術の継承に顕著な功績を持つ方を、「静岡市伝統工芸技術秀士」として指定しています。駿河漆器の職人で指定を受けているのは、以下の3名です。

駿河漆器を購入したい方へ

駿府楽市 駿府楽市

 駿府楽市では、店頭で様々な工芸品、特産品、土産物を取り扱っています。
 
 場所:葵区黒金町47番地 JR静岡駅ASTY西館
 電話:054-251-1147
 詳しくは、駿府楽市ホームページへ
 https://www.sunpurakuichi.co.jp/rakuichi/
このページの画像提供:静岡漆器工業協同組合
画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

経済局 商工部 産業政策課 地場産業係

所在地:駿河区曲金3-1-10

電話:054-281-2100

ファクス:054-284-3987

お問い合わせフォーム