市民カメラマンレポート令和4年7月号-2【第68回清水七夕まつり】ほか 印刷用ページ

最終更新日:
2022年8月8日

第68回清水七夕まつり

 夏を告げる清水のお祭りと言えば清水七夕まつりと清水みなと祭りでしたが、新型コロナウイルスの影響により、3年ぶりに七夕まつり・みなと祭りともに開催されました。
 7/7(木)から10(日)まで行われた七夕まつりも「待ってました」と言わんばかりに、親子連れやカップルなど大勢の人出で、駅前銀座入口付近には人山ができていました。
 皆さんの願い、かなうといいですね~。(7/9、10撮影)

 令和4年度市民カメラマン 大滝 和男
浴衣姿で見物している女性二人
SDGsの「海の豊かさを守ろう」をテーマにした飾り
マリナート10周年を祝う飾り

笹垢離行事

 7/23(土)、24(日)に開催される小梳(おぐし)神社大祭に先駆けて、用宗海岸で午前7時から笹垢離(ささごおり)行事が行われました。
 ご祈祷(きとう)に始まり、笹を1本ずつとお神酒もいただき、無病息災を願って50人ほどの氏子さんが参加しました。(7/23撮影)

 令和4年度市民カメラマン 石川 タミ子

好天に恵まれ気持ちの良い空気の中で行事が行われている
無病息災を祈る参加者
お神酒をいただく参加者
お神酒をいただく参加者

安倍川花火大会5年ぶりに開催

 7/23(土)、安倍川河川敷では第69回安倍川花火大会が開催され、1時間で約1万発の花火が打ち上げられました。
 台風やコロナ禍の影響で2018年から中止が続き、5年ぶりの開催となりました。
 会場近くの安倍川の両岸には、浴衣姿の観客や家族連れなどが大勢訪れ、感染防止に注意しながら夜空を彩る花火を楽しみました。(7/23撮影)

 令和4年度市民カメラマン 望月 敏秀
赤や緑、紫、黄色など様々な色が詰まった花火
迫力のある大きな花火
白と赤の火花が美しい
鮮やかな花火の光が川面に反射してきれいだ

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

市長公室 広報課 広報紙係

所在地:静岡庁舎新館10階

電話:054-221-1021

ファクス:054-252-2675

お問い合わせフォーム